安くて簡単 風船のクリスマスツリーは後片付けもラクラク


子供と一緒にバルーンのオーナメントの飾り付け

 


風船は部屋に合わせて大きさも自由自在です

 

ホームパーティーの華やかさの演出は、やっぱりクリスマスツリーですね。

大きなツリーに赤や金色のボールの飾り付けは、
子供にとっては「ワクワクする楽しみの一つですね!」

ガラスボールやプラスチックボールみたいな玉は、
クーゲルと言う呼び名らしいです。

あのデコレーションボールは、実はリンゴを表しています。

『知恵の木』と呼ばれ、イエス キリストと関係があるようです。

時期的にリンゴの収穫ができないのでボールを飾ります!

他に、クリスマスツリーに装飾する、輝く星は希望の星を意味します。

そして、喜びを知らせるベルは金色の鈴!

杖の形のキャンディ飾りは、
羊飼いが使う杖「キャンディ・ケーン」という呼び名です。

赤い靴下は、サンタクロースのモデルとなった人物
「聖ニコラウス」が投げ入れられたコインが、
偶然に靴下入ったことが、サンタのプレゼントをもらう由来となり、
靴下を飾ったり、子供の枕元に置いたりするようになったようです。

クリスマスツリーは、冬でも葉を落とさない、
「モミの木」の針葉樹を使用します。

デパートやショピングモールでは、
大きな本物のモミの木が使われますが、
家庭用のクリスマスツリーといえば、
小型のプラスチックのツリーが定番。

一年に一度のイベントで飾られるツリーは、
大きな箱で収納場所に困るものです。

楽しいXmasですが、
出し入れや設置は意外と大変な作業ですね。

お手軽なバルーンのクリスマスツリー

大きなは丸い風船は、一か月くらいは日持ちがします。

バルーンは、突然に倒れてのケガの心配もなく安心。

割れても風船をソコだけつけたしすればOK!

風船のクリスマスツリーは、何と言っても後片付けが楽々!

また、テーブルに置くタイプの小さなツリーにもできます。

毎年カラーを変えて重ね、さらにバージョンアップ!

お好みのシールやリボンをぺたぺた。

雪のイメージでわたを付けたりして、
オリジナルなクリスマスツリーを作ってみませんか?

安くて手軽でママとパパ、家族で一緒に手作りアートを楽しみましょう。

夢くらふと協会 HP
気軽にtwitterのフォロー
1日で資格取得バルーンアート認定資格
キッズ バルーンアーティスト認定資格

【出張 バルーンアート教室】
新橋 有楽町 東京 神田 田町 秋葉原 品川 御徒町 浜松町上野大崎 鶯谷 五反田 日暮里 目黒 西日暮里 恵比寿 田端 渋谷 駒込 原宿 巣鴨 代々木 大塚 新宿 新大久保 高田馬場 目白 池袋


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ