親子でコミュニケーションや発達を促す遊びバルーンアート


バルーンでいつでもスキンシップ!

家・外で楽しめる親子遊びのアイディア

 

どんなに元気なママでも、ハードワークをしながら家事&育児をこなせば疲れてしまうもの。

休息も満足に取れないことが多いため、「いつも疲れている」なんて状態も子育て中は珍しくありません。

そんな時は疲れてしまった自分を責めたりせずに、できるだけリフレッシュしましょう。

ママがいつもイライラしていたり体調が良くなかったりすると、子どもにとっても家族にとってもメリットはありませんよね。

バルーンアートでママとパパも癒され自然とリフレッシュ

子どもの着替えやオムツ替え、また一緒に座る時などはスキンシップのチャンス!

なでたり、くすぐったり、顔を近づけたりして積極的にスキンシップをとると、子どもも遊び感覚で喜んでくれます。

また、子どもとの遊び時間はバルーンアートで我が子との親睦を深める大事な時間。

工夫しだいで色遊びや歌遊び、数かぞえなどをすると、バルーンアート遊びを通して学習もできます。

出かけの支度にぐずってしまう子どもには、「クイズするから支度しよう!」と声をかけることで、準備をスムーズにしてくれたりもしますよ。

また、子どもは水遊びが大好きなものの、まれにお風呂に入っても湯船にはつかってくれないことも。

そんな時は「今日の好きなおもちゃをお風呂にひとつ持っていく」などのルールを設けると、お風呂が好きになって入浴も楽しくなります。

こうして子どもの行動をスムーズにするルールを作ることで、ママの決まり文句「早くしなさい!」を封印でき、お互いに気持ちよく準備ができます。

子育てには完璧を求めないこと、頑張りすぎないことが重要です。

赤ちゃんは、ママやパパの優しいふれあいや温もりによって、健やかに育っていきます。

愛情に満たされた赤ちゃんの笑顔を見て安心できることでしょう。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ