バルーンカラーでこどもの想像力やコミュニケーション能力を高める


色を使ってお片付けも楽しく!

おもちゃで遊ぶのは良いけれど、遊び終わったらおもちゃは出しっぱなし、片付けるのはいつもママというご家庭も多いのでは?

お子さんにお片付けを習慣化させるために、「色」を活用してみるのもオススメです。

色違いの箱をおもちゃ箱にして、「クマさんたちは赤い箱に、車は黄色い箱に集めよう」などと働きかけてみましょう。

ヒトは形の識別よりも色の識別の方が先に習得するそうなので、色で指示を出すことで子どももお片付けがしやすくなるはずです。

また子どもはモノを手に持ち動かすことが好きなので、子どもの好奇心を活かしながらお片付けの習慣を身につけさせることができるでしょう。

「色」を使った遊びは、想像力やコミュニケーション能力を育む効果もあります。

「色の連想ゲーム」では、「緑色と言えば?」などと問いかけ、その色の物をなるべくたくさん挙げさせてみましょう。

また、塗り絵も子どもの心を育てるカラーワークのひとつで、色のない絵をどんな色で塗るかで子どもの今の心の状態や気持ちの移り変わりが見てとれます。

季節に応じた室内装飾にも色は欠かせません。

春はひなまつりや桜をイメージさせるピンク、10月はハロウィンのオレンジと黒、12月はクリスマスの緑と赤、というようにその時々に合った色をまずはママ自身が実践して楽しんでみてくださいね。

そうしたママの姿を見て子どもも色を楽しみ、自然と想像力も育まれるでしょう。

色を生活に取り入れるのは時間もお金も手間もかかりません。

色をちょっと意識するだけで、ママもお子さんも笑顔が増え毎日がもっと楽しくなるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ