バルーン装飾で風船が割れない為の注意とは


ボーリング場の入り口にはバルーンの装飾

バルーン旅行

店内がカラフルで明るい感じになりますネ

バルーン旅行

バルーンアートのごむ風船が割れてしまう原因とは

バルーンの破裂をできる限り避けるためには、以下のことを試してみましょう。

ごむ風船を膨らませたとき、大きくなるにつれだんだんと薄くなってて、
チョットした事でも割れやすい状態になります。

ゴム風船は静電気で割れてしまうのは、電気を通しにくい性質があります。

〇手でバルーンを数回伸ばしておく

こうしておくと、空気が偏って注入されにくくなります。

まんべんなく空気が入ってくれないと割れやすいんですよね。

バルーン旅行

〇温かい室内にしばらく置いておく

室内が寒いとゴムバルーンの柔軟性が下がり、空気を入れたときに破裂しやすくなってしまいます。

ですから、膨らませる前にしばらく温かい室内に馴染ませるようにしましょう。

ただし、劣化が進みやすくなるので、普段から温かい場所に保管しておくというのはNGです。

バルーン旅行

〇口を結ぶ前にちょっと空気を逃がす

限界まで膨らんだゴムバルーンを捻ったり、口を結んだりしようとすると、そのせいで破裂してしまう可能性が高いです。

実際「空気を入れ過ぎない」というのは、風船アートのコツの一つでもあります。

さて「ゴムバルーンに付着している場合がある白いパウダーは安全なものなの?」と、心配されている親御さんもいるかと思います。

ですが、それはベピーパウダーとほぼ変わらない物質であり、人体への害はありません。

具体的には、無機質のものやデンプン粉である場合が大半です。

そして、ゴムバルーンの色が変わり始めてきてしまったら、劣化が進んでいる証拠です。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ