空高く浮く大きなバルーン ガス気球と熱気球の違い


浮くバルーンと気球の原理の差は?

バルーンと気球の差をご存知の方はあまりいないと思います。

ここでは、バルーンと気球の相違点に関してお伝えしていきます。

・「ガス気球」と「熱気球」の2タイプの気球が存在します。

「バルーンに空気と比べて軽い気体を注入することによって浮遊するもの」を指して気球と言います。

そして、その気球には代別して「ガス気球」と「熱気球」の2タイプが存在しています。

ちなみに「熱気球」が国内ではメジャーです。

・熱気球の原理

「球皮」というバルーンの部分に「バーナーを利用して温めた空気」を入れて、浮力を生み出すというのが熱気球の仕組みです。

テトロンやナイロン等の頑丈で軽い合成繊維素材によって球皮は作られており、ノメックス等の燃えにくい布でバーナーの傍の箇所が形成されています。

そして「球皮」のてっぺんの箇所には穴があり、そこに排気弁(リップパネル)と呼ばれる丸い布で中側から栓をします。

熱気を排気弁を開くことで放出すると、浮力がダウンするので、気球の高度を下げることができます。

・ガス気球の原理

ガス気球の浮力は、水素ガスやヘリウムガス等の空気に比べて軽いガスを、バルーン部分に注入する事によって生み出すことになります。

ただ、一般的にはヘリウムが利用されます。

なぜなら、水素を使うと引火事故が起きやすいからです。

重り(バラスト)を捨てると人が乗った気球は上昇していきます。

そして、熱気球と同様、排気弁を開くと下がっていきます。

ちなみに、ガス気球に人が乗った形式でのレースも開催されているのですが、日本国内ではほとんど熱気球にしか人は乗りません。

ヘリウムガスを利用したバルーンは普通はガス気球とは言わず、特に小さいもの(おもちゃなど)は単に「風船」と言います。

・風船はなぜ浮くの?空は飛べる?

ヘリウムなどの空気に比べて軽い気体を入れるからです。

そして一般的な風船でも大量に使えば空を飛ぶことはできるでしょう。

ですが、言うまでもなく非常に危険ですからやめましょうね。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ