両親が愛情をこめて育てる子供はかけがえのない宝物です


「人生観が変わったタイミングはありますか?」と問われたときに
「我が子が誕生したとき」と回答する方は、とってもたくさんいるようです。

そして、そんなお子さんを両親は愛情こめて育てるわけです。

ですが、「お子さんが両親を育てている」という側面もあるのではないでしょうか。

お子さんが産まれれば「この子のお手本にならなきゃ」と、両親は自分の言動を正すようになります。

もっと具体的な行動としては、お子さんのために今まで以上に頑張って働くようになったり、貯蓄を頑張り始めたりするのではないでしょうか。

あとは「我が子は○○ができているのに、大人になったせいでできなくなった……」なんてことも見つかるかもしれませんよね。

しかし、大抵のお子さんに「反抗期」が訪れます(反抗期があった方がいいなんて説もありますね)。

「あんなに懐いていた我が子が……」と、両親は嘆くかもしれませんが、ここでコミュニケーションを断絶してしまうような事だけは避けてください。

あまりベタベタするのも良くないですが、お子さんが本当に親の事を嫌いになってしまったわけではないから、変に遠慮する必要はありません。

そして、そんなお子さんとコミュニケーションを取るための手段として役立つのが「モノづくり」バルーンアートはいかがでしょうか。

お子さんが好んでやっているテレビゲームなどを一緒にするというのもアリですが、やっぱり顔を突き合わせて行うモノづくりの方が、コミュニケーションの機会は多いです。

そして、子供というのは風船好きでバルーンアートの楽しさには逆らえないものです。

「なんでバルーンアート!こんなこと……」と悪態をつきつつも、きっと両親と一緒にバルーンアートに励んでしまう事でしょう。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ