あいさつができて礼儀正しい子は親がお手本になるのが大切


こどもしつけの基本とは?

しつけの原則となるのは「親がお手本になる」ということです。

親であれば、例えば「あいさつがしっかりできて、礼儀正しい子になってほしい」と考えていると思います。

これに関しては、ある程度の年齢になってしまうと習得するのが困難になってきますから、幼少期に身に付けておくことが大事です。

そして、そのために大事になってくるのが「両親があいさつをしているところ、礼儀正しくしているところを見せる」ということなのではないでしょうか。

このような方針を取ると、実は「あ、自分も案外できていないな」と感じる親御さんが少なくないのではないかと思います。

そして「親もできないことを、子どもに強いる」というのは、もはや「教育」ではなく「親のエゴ」と言って差し支えないでしょう。

そんな事をしてしまえば「どうして、お父さんやお母さんができていないことを、僕(私)がしないといけないの……」とお子さんは感じて、親子の仲は不穏なものになっていくことでしょう。

さて、そんな状態にならないようにするコミュニケーションの秘策があります。

DSCF0473

それはバルーンアート「親子でモノづくりをしてみる」という事です。

何を作っても良いですが、まずは「今日はバルーンアートを作ります。お願いします!」と親があいさつをしましょう。

そして、お子さんが「お願いします!」と返すのであればOKです。

返さないようであれば「あれ?あいさつは?」と優しく諭してあげましょう。

そして、バルーンアート作っている最中は礼儀正しく。

できれば、お子さんがバルーンアートの先生になって「学校や保育園で作ったもの」の作り方を教えてもらうのが良いですね。

あまり、硬くならないようにして「○○(お子さんの名前)先生!次は何をするんですか?」

などと楽しくコミュニケーションしながら聞いてあげてください。

夢くらふと協会 HP
気軽にtwitterのフォロー
簡単1日で資格取得バルーンアート認定資格
キッズ バルーンアーティスト 子ども資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ