「夢くらふと」ってなに? 


夢くらふとはバルーンを再利用して作った、エコなオリジナル雑貨です。

初めにバルーンをひねって、花とか作って、しぼんでしまったものがバルーンのゴミになります。

「このゴミ、何か使えないかなぁ~」

「一回しかひねって使ってないし、丈夫で色もキレイでもったいない!」

そこで!何かリサイクルできないか考えました。

ひらめいた!!

「バルーンを三つ編みにしてみよう~」

しかも、丈夫で伸びて輪ゴムとして使える!

コレ、日常生活の中で使えて実用的です!

私はカラフルゴムをヘアゴム、アームバンド、シューズバンド、お菓子袋を結ぶ、まとめるなど色々と使用しています。

wmn0096-001

この前、子供にあげたら手や足にしてミサンガとして使っていた!

「ちょっと ビックリ!」

「子供は、オシャレ感覚で使っていました」

「友達にもあげるから、またちょーだい」だって……。

「子供は素直でかわいいネ~」

なぜ、バルーンを続けているのか?

子供達とすぐにお友達になれて、無邪気な笑顔のパワーをもらえるから

「バルーンアートをお祭りで見かけ40歳の手習いで始めて、バルーンアーティストになるって」

「予想も出来ない展開ですネ」

「いきなり、天から降りてきた? 夢を与え続けなさいと言うミッション?」

九死に一生を得る、生かされている奇跡

「天から与えられた使命かなぁ~」

「このミッションはどうなる~」

続く……。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

2011年10月28日
指輪 リフォーム

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ