夢くらふと協会設立


実は、10月16日に

一般社団法人 夢くらふと協会を設立いたしました。

「一般社団法人ってなに?」

カンタンに説明しますと

一般社団法人は「営利を目的としない活動」で

「営利を目的としない」点はNPO法人とは同じです

「バルーンアーティストが協会って」なぜ?

「みんなそう思ったに違いないなです」

自分の思いを上手に説明するのが苦手なタイプですが、

「この熱い想いを受け止めて欲しい~」です

きっかけは、5年前に療養中の病院からの

一時外出の縁日で、バルーンアートと出会い

「自分で作れたら楽しいかも?」という単純な思いから始めた

最初はおっかなびっくりで製作していたが、

慣れるに従い出来上がった時の達成感にハマり、

気づくと、病の痛みも忘れられるほどに夢中で作っていました。

そんな中、バルーンのゴミ廃材で

「何かリサイクルできないか?」と

模索していました! そして

バルーンを三つ編みにした実用的なカラフゴムやストラップなどのリサイクル工作を発案。

夢の工作と言う意味の「夢くらふと」名前をつけました。

 

実はバルーンアートは「ただの夢あるアート」ではありません!

DSCF0478

私は活動の中で気づきました

今後の日本を「いや!世界を!」救うアートです

認知症予防やウツ予防ができると思います

新しい体験、カラフルな色彩、指先を使い脳活性化、テンションupに役立ちます

バルーンアートは、コミニケーションツールでもあり創造的なモノ作りのアート

子供達の才能や能力発達に最適です。

他にも活用方法はあります

コチラをクリック→★☆★

私は、バルーンアート界を「ぶった切た破天荒キャラ」異端児です

突然にバルーン界に、現れたなりの理由はココにあります

人の役に立つ、社会貢献できるバルーンアートとそのリサイクルの普及に努める

コレが神様から与えた、私の使命と気づきました

「う~ん 正直、私には荷が重い気がする」(汗)

と言う訳で、協会を立ち上げました。

夢くらふと協会理念は

すべての人に夢と喜びを提供しバルーンのリサイクル活動に貢献します
・新しいアイディアで価値あるモノを創造し提供します

・バルーンのリサイクル活動に貢献します

・ワクワクするような夢と感動を提供します

・コミニティーを作り、新しい作品発表会、イベントなど開催します

私と一緒に夢くらふと協会をお手伝いして頂ける方を募集中です。

夢くらふと協会設立記念
バルーンアート作品集 1枚のPDFでプレゼント

コチラをクリック→★☆★

バルーンアート教室

詳しくはコチラをクリック→★☆★ 

 

 


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ