明けましておめでとうございますバルーンアート 羊 2015


明けまして おめでとうございます

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

今年もよろしくお願いいたします。

一般社団法人 夢くらふと協会 

2014-12-28-11-21-59_deco

1年の始まりを感じるお正月

日本では、毎年年末になると大掃除をしたり、自宅の神棚にしめ飾り。

大きな門松を玄関に飾ったりして新年度をお祝いします。

また、お正月はには、多くの子供達はおじいちゃんおばあちゃんなど親戚から、お年玉をもらうことができます。

日本に住んでいると、海外のことを知るチャンスがないですね!

日本と海外のお正月の違いを紹介したいと思います。

日本は家族みんなで、お正月を迎え。

大晦日には年越しそばを食べて、除夜の鐘を聞き「明けましておめでとう」と言って新年を迎えます。

元旦には、家族でのんびりと、お雑煮やおせち料理を食べ。

初詣に行き、新しい年の家内安全をお祈りします。

これが一般的な日本のお正月の過ごし方になります。

皆さんは海外のお正月でどのような違いがあるのか知っていますか?

アメリカのお正月は家族や知人親族などが、家に集まりホームパティーをします。

ホームパティーでは、みんなでゴージャスディナーを楽しむのです。

また、クリスマスには、家族や親戚から子供にたくさんのクリスマスプレゼントが頂けます。

親は微笑んで子供がプレゼントを開けるのを見ているのです。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

2012年08月15日
ムーミン谷!

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ