細長い風船を収納するバルーンエプロンをミシンで手作り


バルーンエプロンとは。

バルーンアートをする時に、風船を腰に付けて使う収納型エプロンです。

バルーンアートの実演配布やパフォーマンスショーの時など付けると、便利なエプロン。

新しいエプロンをミシンを使って作りました。

以前のエプロンは、ミユキさんにあげちゃた!

同じ柄だけど、チョット工夫して手作り。

「地味な作業だけど、ハンドメイドが大好き」

バルーンアートは、夢のあるハンドメイドだと思います。

見た目の華やかさはありますが、実は地味な作業も多いですよ。

試作品ですが、改良をして夢くらふと協会のバルーンアーティストに、バルーンエプロンをプレゼントしたいな!

2015-07-12-20-12-06_deco

あなたが何かしらの仕事をしていて、今までにない斬新な提案をする必要に迫られたとしましょう。

そのとき役に立ってくる能力はなんでしょうか。

それは例えば、別の分野から情報を見つけてくるような情報収集力でしょうし、それらをつなぎ合わせるための思考力でもあるはずです。

しかし、本当の意味でユニークな提案をするのであればアートの「想像力」が大事になってくるはずです。

それがあれば、バルーンアートは既存のものとは全く異なる発想をすることができるはずです。

そして、そういった想像力を養うためには工作やハンドメイドが役に立つと言われているのをご存知でしょうか。

そう。ご自身で何かを作り上げるバルーンアートですね。

もちろん、バルーンアートの説明書を読みつつその通りに作るのも楽しいですが、
余裕があれば世界に一つあなただけのバルーンアート作品を作ってみましょう。

それが、いずれ職場で「世界に一つあなただけの発想」をするときにも役立ちますからね。

実際、良い上司はバルーンアートのメリットを知っているものです。

休憩時間などにバルーンアートの話題を振ってみるとコミュニケーションが盛り上がるかもしれませんよ。

バルーンアート教室とイベント
Facebook
ツイッター気軽にフォロー


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ