クリスマスを家族で楽しむバルーンアートのケーキと赤いお鼻のトナカイ


バルーンアートのケーキを作る

 

夢くらふと協会 キッズバルーンアーティストhinaちゃんと
バルーンアーティストhiroのママと一緒に
真っ赤なお鼻のトナカイさんを作りました。

楽しく遊びながら、バルーンアートのケーキも作りましたヨ!

夢を形に手作りハッピークリスマスパーティー!

バルーンで部屋がカラフルにわくわく気分~

風船なのでクリスマスが終わっても、片付けが簡単ですネ。

12308374_792738574171837_1068566805578372189_n

こどもが安心できる親子関係は大切ですね

 

手放しで安心できる親子関係の中で、
こども達は愛情を感じることができます。

お子さんとの時間を持つことが
バルーンアート教室に通う一番の理由で
ある親御さんもいらっしゃいます。

二人で1つの作品を完成させた時などは、
お子さん親御さん、どちらも素敵な笑顔をなさいます。

また、慎重に作業する中で自制心も高まり、
感情を抑えられるようになっていきます。

具体的な体験として、「可愛がられた」
「甘えることができた」という
実感を与えることが大切です。

親子でバルーンアート資格取得を
目指している方もいらっしゃいます。

同じ目標を持つことで、
親子で充実した日々を送っていらっしゃるようです。

親子で同じ時間を過ごしたり、同じ目標に
向かったりすることは、こども達が
愛情を実感する具体的な体験の宝庫です。

人格形成に重要な幼少期

 

幼少期に親から受ける愛情で、こども達の中に
豊かな心、心の余裕が育まれます。

簡単に「キレる」心になってしまわないよう、
お子さんとの時間を大切にし、しっかりと
その姿を見守ってあげましょう。

ただ、大切に見守ることと、
甘やかすことはまた違いますね。

我慢することも覚えて、多少嫌なことが
あっても前向きに対処できる、
そんな子に育ってもらいたいものです。

大人の愛情ある教えの中で、我慢を覚えること、
こども自身が成功体験を積むこと、
これらも「キレる」心を育てないために大切なことです。

12348019_793767884068906_132158040566173979_n

【出張バルーンアート教室】
東京都 渋谷 新宿 池袋世田谷 原宿 赤坂 青山 恵比寿 銀座 目黒 六本木 新井薬師前 鷺ノ宮 新江古田 都立家政 中野 沼袋 野方 練馬 西武新宿 埼玉県 所沢 狭山 入間 川越 飯能


こちらも合わせてお読みください

2012年09月29日 スイーツデコ教室
2013年06月10日 バルーン@双子

木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ