風船で夢を与え人を喜ばせることができるバルーンアート仕事


親子3人で一緒にバルーンアートの仕事

FB_IMG_1472174097290

風船を使って、夢を与える仕事

 

夢くらふと協会 キッズバルーンアーティストhinaちゃんと、
お母さんはバルーンアーティストhiroで
一緒に教室の先生もしています。

お父さんも今回は、お手伝いをしましたよ!

イベント会場でバルーンアートのプレゼントをしました。

バルーンアートを作る達成感やあげる側にも幸せにするアートです。

親と子で一緒にすることができれば、
家族の絆をさらに深めることができ、
喜びを感じることができます。

たくさんの方にバルーンアートの
プレゼントで笑顔の輪が広がりました。

親子で楽しいお仕事、ありがとうございました。

バルーンアーティストとして、もっとも大切なこと

 

「風船で夢を与え、人を喜ばせる」ということができる。

こんなに素晴らしい
とっても魅力的な職種は数少ないと自負しています。

・好きなことを仕事にできる

・周囲の人は笑顔になり、やりがいがある

バルーンアーティストは夢と笑顔を配るお仕事でもあります

 

自信と希望に溢れたバルーンアートを
教えてあげることができれば、
大半の子供は関心を抱いてくれるはずです。

実際にパフォーマンスショーをしていても
、子どもたちの食いつきは半端ないです。

あえて、“食いつき”という言葉を選びたくなるほど集中し、
キラキラした笑顔を魅せてくれます。

ショーや教室を通じて、子供達と和気あいあいとした
時間を過ごすことが手軽にできます。

子供の可能性に限界がありません。

あなたのお子様がバルーンアートに興味を示してくれるなら、
積極的に伸ばしてあげるのがベストです。

最近ではキッズバルーンアーティストや

親子バルーンアーティストも続々とデビューしています。

ひとつのゴールとして、資格取得を目指すのも良いアイディアです!

親子バルーンアーティストなら、

作品やパフォーマンスを通じ、
親子で協力し合うチャンスが増えます。

親子での活動もできるので、
ご自宅での絆を深めるにもきっと役立つことでしょう!

【出張 バルーンアート教室】
新橋 有楽町 東京 神田 田町 秋葉原 品川 御徒町 浜松町上野大崎 鶯谷 五反田 日暮里 目黒 西日暮里 恵比寿 田端 渋谷 駒込 原宿 巣鴨 代々木 大塚 新宿 新大久保 高田馬場 目白 池袋


こちらも合わせてお読みください

2012年02月05日 バルーン練習会

木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

2014年04月06日
春祭りイベント
2012年02月20日
雪国 まいたけ 

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ