子どもが小さいうちは親子でバルーンアートを楽しもう


季節感のあるバルーンアートがたのしめる

子供部屋があっという間に明るくなります

 

親子でバルーンアートを楽しむと、子どものコミュニケーション能力が育まれます。

自分で考える力や、周りの人と協力する力は子どもが小さいうちからしっかりと教えていきたいもの。

子どもは親の真似をすることで、コミュニケーションの基礎を覚えていきます。

つまり、親子で協力してバルーンアート遊びをすることで、そうしたコミュニケーション能力が培われるのです。

幼い頃からさまざまなことに挑戦することで、積極性や創造性が養われ、好奇心も育っていくことでしょう。

バルーンアートは、幼い子どもであっても簡単にチャレンジできます。

特に季節を取り入れたバルーンアートは、もの作りの楽しさだけでなく、子どもの教育にも役立つのです。

子どもとのコミュニケーションの中で「色」を使って色彩感覚を意識させたり、四季を感じさせる遊びを通したりして、かんたん工作を楽しみましょう。

季節を感じさせるバルーンアートのアイディア

季節を感じさせる工作として、春には3月のお雛様や4月の桜、5月のこどもの日のこいのぼりなどがモチーフとして挙げられます。

夏は6月、7月、8月でそれぞれの月の特徴的な季節モチーフを取り入れましょう。

6月はあじさいの花を作り、お家で花見を楽しむのも素敵です。

7月や8月は、七夕飾りや海、風鈴、うちわなどを作って夏気分を満喫してみてはいかがでしょうか。

9月、10月になると、ハロウィンやお月見など秋らしい行事がたくさんあります。ぜひ秋を感じて楽しんでみてください。

12月はクリスマス会に活用できるクリスマスツリーや、ツリーに飾るオーナメントを作ってみましょう。

1月はお正月用の飾りや、凧やコマなど冬遊びのバルーンアートを楽しめます。

2月の節分では、鬼や豆まきの工作に挑戦してみましょう。

季節のイベントの他にも、プレゼント用のバルーンアートに取り組むのもよいものです。

母の日や父の日、敬老の日といった特別な日にバルーンアートの花束などを作ると喜んでもらえることでしょう。

夢くらふと協会 HP

 


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ