バルーンアートは育児中のお母さんのストレスケアにぴったり


休みがない育児は親の大仕事!

両親にとって育児は人生における大仕事だと言えると思います。

さて、この育児。考え方次第ですが、幼少期の方がまだ負担が少ないと個人的には思います。

ミルク、母乳、離乳食を食べさせる、お昼寝をさせる、オムツを交換するなどなど。

毎日バタバタするとは思いますが、まだまだ「自我」がほとんどありませんから「言うことを聞かなくて困る」ということにはほぼならないはずです。

ですが、その「自我」が生まれ始めると育児は一筋縄ではいかないものになっていきます。

例えば、子供は2歳くらいから「イヤイヤ期」を迎え、親の言う様々な事にとりあえず「イヤ!」と言うようになる場合があります。

他にも、自我が生まれてからの育児に関する大変なことを挙げていけばキリがありません。

そうなると両親も「人の子」ですから、苛立ってしまうことがあると思います。

疲労が蓄積し、「この先やっていけるんだろうか」と訳もなく落ち込んだり……。

ですが、そのようにして少し辛くなってきた「育児」「しつけ」のために試してみてほしいことがあります。

それは、ふんわりとしたバルーンアートです。

まず、バルーンアートは子供の情操教育に良いとされています。

簡単なモノづくりであっても、基本的には「トライ&エラー」ですから、お子さんの成長にとって大いに役立つ取り組みになるはずです。

また、親子のコミュニケーションにもなりますよね。

そして、これも大事なのですが、バルーンアートはストレスケアにもなります。

育児などでのストレスをバルーンアートなどで適度に解消していってくださいね。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ