両親とのコミュニケーション不足は愛情不足になります


子供にとっては両親の存在がほぼ全てです。

幼少期のお子さんにとっては「家族」という存在が非常に大きなものになります。

実際「両親の発言がお子さんにとっては全て」と言っても過言ではありません。

ですから、親子のコミュニケーションが不足していると、いつの間にか大変なことになってしまう恐れがあります。

具体的に言うと、お子さんの「心」への悪影響です。

お子さんが成長していく中では、ときにつまづくこともあるでしょう。

保育園のお遊戯で失敗した、学校のテストで良い点が取れなかった、などなど。

細かいことを挙げていけば、むしろ子供も大人も「人生はつまづきの連続」とさえ言えるのかもしれませんね。

ここで両親とのコミュニケーションが不足していると、お子さんは悩みを打ち明けることができません。

「最近、○○なことがあってさあ」と軽く愚痴ることさえも……。

本来、友達や先生には相談できないことでも、家族であれば言えるはずなのですが、その家族との会話が不足していれば、それができなくなってしまい、どんどんお子さんの心が蝕まれていってしまうというわけです。

そこで試してみてほしいのが、「お子さんと一緒にバルーンアートづくりを楽しむ」という事です。

これが「カラオケ」や「トランプゲーム」などではない理由は、ああでもないこうでもないと作り方などを教えあうことができるからです。

そして順調に進んでいけば、何かバルーンアートや手作り工作をしつつ、先ほどの「最近、○○なことがあってさあ」を、お子さんから引き出すことができるはずです。

もちろんお子さんに種明かしをしない方が無難だとは思いますが、親としては「バルーンアートを、『子どもの愚痴聞き会』にしよう!」というくらいの心構えでいるのも良いのかもしれませんね!


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ