子供にバルーンアートを教える時は親自身も無理せず自然体で楽しむ


絵を描いたり工作をしている子供と接する時、どうして良いのか分からないと感じることも多いと思います。

そんな時、親としてどんな心構えでいるべきなのでしょうか?また、どのように接していくべきなのでしょうか?今回は、そんなこどもへの向き合い方について詳しく解説していきます。

・こどもの創作意欲や姿勢を見極める

親自身が苦手だと感じているバルーンアートや絵を「自分のこどもには克服して見に付けて欲しい」と考えている方もいるかもしれません。

ですが、それは少し難しいかもしれません。なぜなら、小さなこどもほど、親を見て育っていくからです。

親自身が苦手だったり、興味がないことをこどもが好きになるということは珍しいことだと認識しておきましょう。

その中でもこどもに見に付けて欲しいなと思うなら、バルーンアートを無理に教えることはせずこどもの創作意欲や姿勢をしっかりと見極めて接することからスタートしていくことが大切です。

・こどもには2つの創作タイプがある

こどもの創作に対する姿勢は、主に2つあります。

1つ目はある程度の色数の制限がある方が好きなこども、2つ目は自分で好きな色を見つけて、自由に描いていくのが好きなこどもです。

自分のこどもがどちらのタイプなのかを見極めて、接することも感性を育む重要なポイントです。

もしそのこどもに合っていない型で描き方を伝えても長続きしないので、まずは見極めることから試してみてくださいね。

こどもに創造力を身に付けて欲しいと考えている家庭でのコミュニケーションは、バルーンアートを「親子一緒に悩んで考える」ということが何より大切です。

一緒に描いてみる、一緒に美術館に行ってみる…。

そうすると、そのこどもならではの新しい発見が訪れるはずです。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ