要注意赤ちゃんがスマホで遊ぶと言葉の発達が遅れる


米小児科学会で発表

 

最近、世間でよく聞くのは子供たちが
スマホやゲームの前から離れられない「ゲーム依存症」

昔とは違って今では、ガラケーを持つ人も
かなり少なくなっていて、子供にガラケーではなく、
スマホを持たせる親も多いですね。

ゲームが手放せない、子供たちにゲームをやめさせたい!

ゲームばかりではなくて、もっと外で遊んで欲しい!
と言ったような悩みを耳にすることがよくあります。

最近の米小児科学会では、スマートフォンや
タブレットなどのモバイル機器で、
生後6カ月~2歳の乳幼児を遊ばせるほど、
言葉の発達は遅れる可能性があると発表しました。

米小児科学会ではモバイル機器の使用について、
家族とのビデオチャットを除き、18カ月未満の
乳幼児には一切使わせないことが望ましいとしている。

いつの間にか「ゲーム依存症」

 

子供だけではなく、大人もスマホがないと
落ち着かない人も多いです。

東京の電車の中でほとんどの方が、スマホを見ていますね。

育児中のママがスマホに夢中になり、
子供とのコミュニケーションがとれない
育児放棄(ネグレクト)が問題になっています。

残念ながら、今のところ、ネットやスマホなどの
ゲーム依存症には、それに対する治療薬はないです。

それに子供が楽しんで自らやっていることを、
無理矢理取り上げるなどしては罪悪感を感じてしまいます。

今できる最善策は、ゲーム以外に他に楽しめることを
大人が見つけてあげて、子供に「選択させる」ということです。

ネットやゲーム、それ以外の選択肢が子供にあるような、
そしてそれを作り出してあげられるような環境を与えることが、
私たち大人にとっての義務ではないかと私は思います。

なぜなら子供にとっては、すぐ手の届くところに、
スマホやゲームがあって、それに手を伸ばせば、
楽しいことができるとわかっています。

それなのにわざわざそれを回避して、
他の楽しいことを探そうだなんて思わないですよね。

その他に楽しいことがあるということ、
そしてそれが何なのかを示して、すぐにスマホやゲームに
手がいかない様にすることが大人の義務ではないでしょうか。

そのためにも、親自身が、子供のために楽しい事を、
思い起こさせる、見つける力を持たなくてはいけません。

子どもの才能発見との出会い

 

視野の広い目線で物事を見て、色々なことにまずは、
チャレンジして、それが子供にとっても楽しめるもので、
あるかを見極め、手を差し伸べてあげる事。

これが大人である親の役割ではないでしょうか。

そんな時に、バルーンアートはいかがでしょうか。

バルーンアートで何かを作るということを通して
クリエイティビティな発想力を豊かにして役にも立つかと思います。

また、その親自身がチャレンジすることを、
子供と一緒にバルーンアートを行うのも、効果的だと思います。

成功体験は生きる源になります

 

バルーンアートの作品が色んな人を楽しませるだけでなく、
子供の成功体験は大きな自信につながると考えています。

子供にとっても親にとっても新しい発見、
経験を共有するということは親子の絆を深める、
といった点でも素晴らしいことだと思います。

まだ吸収力がすごい子供のうちにさまざまな
習い事に通わせることは、視野を広げてあげるということでも、
とても大事だということを私は大人になってから痛感しました。

その他のメリットとしては、習い事などに足を運んで、
バルーンアートだけではなくその場にいる多くの人々と、
コミュニケーションをはかるということも大切。

子供の将来にとって、社交的で明るい大人に、
育ててあげられるのではないでしょうか。

ご自身のお子さんを将来、立派な社交的な人に、
成長させるためにも、親自身が自分の子供に、

その才能育成のチャンスを与えて、
後押ししてあげることがとても大事だと思います。

【バルーンアート教室】

東京都 新宿 渋谷 港区 目黒 世田谷 品川 北区  板橋 足立 豊島 中野 杉並 練馬 清瀬 東久留米 西東京 東村山 小平 埼玉 さいたま市 所沢 入間 狭山 川越


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

2012年10月17日
地域ねこ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ