バルーンアート花かご 得意なことを継続できることも才能の一つ


創造性を育成するバルーンアート遊び入門

FB_IMG_1445070053619

あでやかな色のグラデーションが心をくすぐる

 

キッズバルーンアーティスはバルーンアートでお花を作りました。

芸術にあまり興味が無い子供でも、バルーンアートの「楽しさ」を覚えれば将来その分野で、大きな才能を開花させるかもしれません。

バルーンアートで一番に難しい所は、花びらなど同じ大きさにバランスよく作るところです。

最初は難しそうに見えてもバルーンアートは、学んでいくうちに簡単になっていくし、速く作れるようになれます。

スタートしたばかりの頃はアンバランスかもしれません。

しかし、少しずつ自身が好きなバルーンアートを作るうちに、徐々に上手くなっていきます。

バルーンアートなどモノつくりは、日々の練習でバランスよく均一な大きさに作れます。

何よりバルーンアートが好きで、続けることが大切ですね。

よくある話として、親が勧めた趣味や習い事は意外と続かない、結局のところ嫌いになってやめてしまう。

という事を聞いたことがあるでしょう。

やっぱり「好きこそものの上手なれ」という事だと思います。

子供にとって、毎日は新しいことの連続です。

バルーンアートをとうして家族の絆を深めるいいチャンスです。

ママも子供たちの動きや創作品をよく観察し、

『バルーンアートのここがステキだねー』

『すっごく楽しそう』など創意工夫をしたり、

客観的な評価ばかりではなく、『ママこれすごく好きだな!』という感じでお母さんの思いを見せて、親子水入らずでバルーンアートで愉しむこともできます。

ぜひママ、パパに励まされながらバルーンアートに挑戦してみてはいかがでしょうか?

時には「親と子」じゃなく同じ対等な立場でコミュニケーションをしてみることもいいと思います。。

さらに、お子さんとバルーンアートを練習した後の廃材は、何でも使えるカラフルゴムに再利用できて、実用的で無駄がありません。

「バルーンアートで笑顔を届けましょう!」

 

バルーンのリサイクル夢くらふと協会

おすすめ簡単なバルーンアート資格

子ども資格お孫さんと一緒にバルーンアート

資格難易度は簡単 初心者向けバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ