日野市ファミリーコンサートでバルーンプレゼントと装飾


東京都日野市の七生公会堂のイベント会場

テレビ番組に出演!歌のお姉さんのステージ

 

バルーンアーティストは、音楽会場のテーブルの飾りつけや子供達へのバルーンアートのプレゼントをしました。

今回のイベントは、お母さんは童謡歌手、息子さんはシンガーソングライター、娘さんはダンサーとまさに、芸能一家が出演するハッピーなステージショー。

最後にご子息が作詞、作曲をした、歌を三人で歌って、本当に微笑ましい素敵なご家族ですね。

コンサート会場のテーブルに飾り付けをしたバルーンアートを、休憩時間に子供達が、持って走り回り遊んでいました。

例え、お母さんに飾ってあるバルーンアートに「触ったりしたらダメ」と注意されても、子供はやっぱり、風船を見ると触れて遊ぶものなんですね(笑)

何より喜んでもらえるのって、やりがいもあるし、とっても嬉しいです。

こんなにも才能に溢れた方が、夢くらふと協会のバルーンアーティストとしてマルチなタレントに成長しました!

風船もお手のもので軽やかな手付きで、簡単に作品を生み出せるようになりました。

バルーンアート初心者だった彼女も、持ち前の手先の器用さで上達も驚くほど早かったです。

子どもたちのみならず、大人やお年寄りの人に至るまで、多くの方に元気を届けるようなバルーンアーティストなりました。

次回のイベントは、お子さんにも作って体験してもらうため、体験型とバルーンアートのパフォーマンスを取り入れてみてもいいですね。

時にはママと親近感がUPのため、親子で楽しい時間を過ごすことができて、お子様の弾ける笑顔を親御さんにも見てもらい、共有して頂けたらと思います。

バルーンアートは楽しく遊びながら、コミュニケーションをとり親子の絆も深めます。

今後も成長を見守りながら、皆さんもバルーンアーティストの応援をよろしくお願いいたします。

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

子供が取れるバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ