ゴム風船の歴史 天然素材のラテックスバルーンとは


今のようなゴム風船が生まれたのはおおよそ70年くらい前です。

アメリカの科学者が天然ゴムを素材に、ゴム管について
研究中、厚紙を三角に切り抜いて天然ゴムに入れたところ。

それが乾燥してゴム風船(ラテックスバルーン)なりました。

これを多く作りボストンの愛国記念日に販売とした記載が残っています。

科学者がビジネスにしてしまうほど、
ゴム風船は素晴らしい発明と言うわけです。

その後のゴム風船は生ゴムの固まりをガソリンで溶かし、
塩化硫黄で加硫で作られ風船が、慶応4年には日本に入ってきました。

ゴム風船の原材料は天然素材です、
ゴム風船はゴムの木から産出する白いドロドロの樹液でつくられています。

ゴムの木はもともと南アメリカの熱帯雨林が原産で、
近頃は熱帯エリアや各国で栽培されているようです。

ゴムの木から流れる樹液を容器に集めたものが天然ゴムです。

太陽光線や水に環境によって分解される速度は
異なりますが、熱帯雨林の保護や生態バランスを
保つためなど、自然にやさしい素材です。

ゴム風船は手術用の手袋などの製品が
多く使われれば、ゴムの木の価値が上がって、
熟考せず伐採される状況も少なくなるのです。

ゴムの木は、人間と大自然とが共存共栄できます。

うっかり空に飛んでいったゴム風船 やイベントや
運動会の風船飛ばし、などゴム風船のゆくえが気になりますね。

ゴム風船のだいたいは、上空約8キロまで上昇して、
風船は高空で凍結し、棒状になって粉々に分裂して、
拡散して落ちてくるということがわかっています。

実際、世界各地で開催している環境運動の報告でも、
回収されるゴミの悪影響によるゴム風船の報告はありません。

風船業界関係者の調査によると。

海の汚染や魚介類や野生動物などに悪影響を
及ぼすことがないという認識がやっと浸透してきたようです。

夢くらふと協会 HP

気軽にtwitterのフォロー

バルーンアート教室


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

2012年03月25日
バルーン練習会

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ