バルーンアートで子供は達成感や失敗を経験して成長できます


カラフルなお魚

幼児期の知的な好奇心が大切です

 
子供が「目的」を持つことや、 目標を実現したとき、精神的な成長やスキルは自信へとつながっていきます。

例えば、「逆上がりができない」「字が書けない」など、些細なことで子供は悩んでしまいます。

そのようなときに、子供にとって頼りになるのが、親の存在です。

まず、子供に対して、包容力を持って見守ってあげてくださいね。

イメージとしては、存在自体を包み込んであげるような感じです。

そのように接してあげることで、自然と子供は安心すると思います。

子供ながらに予想してバルーンアートを挑戦をして、

「どうしてそうなるのかな~」

バルーンアートの見本写真を見て作り、失敗することもあるでしょう。

子供に積極的に言ってあげたい言葉

 

バルーンアートを挑戦する子供を見守って、バルーンアート作品が出来上がったら「がんばったね」と褒めてあげて下さい。

子供ながら小さな達成や失敗を経験しても、見守り支えるのが親の役割だと言えるでしょう。

褒められる事で子供は次の挑戦へ向かいます。

お子さまにとってもかけがえのない自信につながります。

現実的に親の思っている以上に、子供の能力は優れていますから、バルーンアートで秘めたパワーを開花させて下さいね。

バルーンアートは自分で考え創造するアートです。

自主性とクリエイティブな子ども資格は、意外と多くありませんよね。

ご自身のお子さんを将来、立派な社交的な人に成長させるためにも、親自身が自分の子供にいろいろチャレンジさせることは重要です。

これから子供にも「きっとバルーンアートは役立つ」こともあります。

遊びながら創造して完成したバルーンアートの達成感は最高ですね!

お友達にプレゼントすると「笑顔になり喜んでもらえる」
子供の思い出に貢献できることにもなるでしょう。

バルーンのエコ活動夢くらふと協会 HP

主婦におすすめ1日で資格取得バルーンアート講座

キッズむけ〈子ども資格〉 バルーンアート講座


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ