子供のゲーム依存症 スマホやを手放さないお子さんが危ない


知育のタブレット型ゲームも人気

 

最近、多いですね!スマホの前から離れられないゲーム依存症。

ゲームが手放せない子供たちにゲームをやめさせたい!

と言う悩みをよく聞きます。

ポケットモンスターのキャラクターゲーム”ポケモンGO”が人気ですが、
携帯やスマートフォンを操作しながらの路上を歩行する”歩きスマホ”

夢中になって携帯の画面にくぎ付けになり、つまずいたり、
人とぶつかったりするケガなど多発しています気をつけましょうね。

また、タブレットの電子機器の知育の子供向けアプリも人気ですね!

ゲーム以外の夢中になれるもの

 

ネットやスマホなどのゲーム依存症には、今のところ治療薬はないです。

子どもが楽しんでやっていることを、
無理矢理やめさせられるほど不快なことはありません。

ゲームを取り上げるとキレる

他に楽しめることを見つけて「選択させる」ことです。

ネットやゲーム、以外の選択肢をできるような環境をつくりだしてあげてくださいね。

そのためには、親自身が、楽しいことをキャッチする力を持たなくてはいけません。

幅広い目線で色々なことを見てチャレンジして、
楽しめるように力を貸してあげましょう。

子供と一緒に何かをする、ということも効果的です。

小さいうちにさまざまな体験教室に足を運ばせることは、
とても大事だということを痛感しました。

他にもメリットと言えば、多くの人々とコミュニケーションを取るということは、
将来は外交的で明るい人に育て上げることもできます。

お子さんを将来良い人間に成長させるためにも、
親自身がその才能育成のチャンスを与えて後押しする必要がありますね。

お子さんとバルーンアートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

夢くらふと協会 HP
気軽にtwitterのフォロー
1日で資格取得バルーンアート認定資格
キッズ バルーンアーティスト認定資格

【出張 バルーンアート教室】
東京都 八王子 立川 三鷹 府中 調布 町田 小金井 小平 日野 東村山 国分寺 国立 福生 狛江 東大和 清瀬 東久留米 稲城 羽村 あきる野 西東京 練馬 西武新宿 埼玉県 所沢 狭山 入間 川越


こちらも合わせてお読みください

2014年01月22日 バルーン@交流会

木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

2012年04月10日
お花見
2012年03月14日
灯火!朝焼け 

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ