笑顔あふれる仕事バルーンアーティストとして生きる楽しさ


バルーンアートで楽しく自分らしさを表現

創造的な未来に羽ばたくクリエイターを目指す

 

バルーンアーティストになったみなさまからは、多くの喜びの声が寄せられています。

バルーンアーティストの感想 コチラ→★☆★

夢くらふと協会の理念は、「すべての人に夢と喜びを提供すること」です。

これは、もちろんバルーンアートを見る人、受け取る人を笑顔にする、という意味もふくまれます。

夢くらふと協会では、バルーンアートをつくる「バルーンアーティスト自身が夢と喜びを感じる」ということを、とても大切にしています。

バルーンアートを通して親子の絆が深まった

2015-07-01-22-07-30_deco

「バルーンアートでたくさんの笑顔に出会い、生きがいを見つけた」

夢くらふと協会のエコ活動を通して、社会に貢献していると実感できるようになった。

そういった「作る側の喜び」を強く感じられ多くの人とコミュニケーションをとりながら、その笑顔と間近で触れ合うことができるのがバルーンアートの魅力です。

趣味として、子育てとして、生きがいとして、仕事として・・・。

自分でも何か世の中に貢献できる事はないかと、考えている人は、小さなことや身近なモノから始めよう~

バルーンアートの輪を広げ、一緒により良いもの、楽しいものを作っていけたらいいなと思っています。

少しでも興味がありましたら、おひとりでも、お子さまとご一緒にでも、バルーンアートをはじめてみてはいかがでしょうか~

バルーンアート夢くらふと協会 HP

気軽にtwitterのフォロー夢くらふと協会

簡単1日でバルーンアート資格取得

キッズバルーンアーティスト子供資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

以前に【組紐製作補助具】実用新案登録しました。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ