バルーンが破裂する原因と対処方法


破裂しないゴムバルーンはあるの?

根本的な話ですが、バルーンをどんどん膨らませていくと破裂します。

バラエティー番組の罰ゲームなどでも、よく「風船を目の前で限界まで膨らませて割る」というものがありますよね。

ですが、風船アートに使うバルーンに関しては、そんなに破裂していないように思えます。

ピエロなどが軽快な動作でバルーンを膨らませたり、ねじったりと負担を掛けているのにも関わらず、なぜかほぼ割れませんよね?

風船アートでは特殊なバルーンが用いられているのでしょうか?

バルーンが破裂する主な理由

どんなバルーンでも破裂するものですが、バルーンの性質を把握していれば、できる限り破裂しないようにさせることは可能です。

バルーンが破裂する主な理由は以下のとおりです。

1:空気・ガスを注入し過ぎている

2:ゴムの分解が進んでしまっている

3:太陽の光を浴びた状態で放置してしまっていた

4:その他、化学反応

5:爪が尖っていて刺さった、アクセサリーが刺さったなど

ごむ風船は直射日光に当たると紫外線で風船が劣化し屋内での製作が適しています。

静電気で割れにくくする為のコツ

ごむ風船は静電気で割れる為、静電気が置きにくい環境を作る必要があると思います。

静電気が起きやすい環境は「湿度20%以下」「気温25度以下」 が最適です。

みかんやグレープフルーツなどの柑橘類の皮は風船を溶かすので気をつけてください。

バルーンの空気は温度によって膨張や収縮します。

寒い冬場の室内で膨らませた風船を急に暖かい部屋に持っていくと風船の中の気体は温められて膨らみます。

また、油性マジックの成分によっては、油性のインクでゴムが溶けて割れる場合があります。

試し書きをしてから使用しましょう。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ