おはようから始めよう仲良し家族のコミュニケーション


バルーンアートで子供と意思の疎通

バルーンアート☆夢の風船日記
家族で会話のキャッチボール

 

家族とずっと仲良くしていくためには、やはりコミュニケーションを取ることが大事です。

「そりゃあそうでしょう」と感じるかもしれません。

ですが「コミュニケーションをしている姿」と聞いてパッと頭に思い浮かぶのが、職場や学校だったりはしないでしょうか。

そうです。やはり、一人では生きていけない世の中コミュニケーションは重要です。

案外「家庭におけるコミュニケーション」というものは見落とされがちなんですよね。

さて、家庭におけるコミュニケーションというのは、子供がいるのであれば、もはや教育の一部であると言えます。

もちろん、小学校や幼稚園・保育園などでもコミュニケーションについて考えたり実践したりする機会は与えられることでしょう。

ですが、それでもさすがに「コミュニケーション・あいさつという文化が全然ない子供」に対して教育をすることは、学校や保育園側も想定していないはずです。

ですから、コミュニケーションやあいさつなどに関する最低限の教育を幼少のうちからしておきたいものです。そして、それができるのが「家庭」なのです。

「コミュニケーション教育」における選択肢の一つとしていただきたいのが、バルーンアートをおすすめします。

「家族一緒にハンドメイドをする」という風船工作の事です。

まあ「意識的に家族内で多く話すようにすれば何とかなるんじゃない……」と思うかもしれませんが、それもなかなか困難なもの。

親、子、祖父母、それぞれ生活リズムが違うかもしれませんしね。

ですから、もっと具体的な「遊び」バルーンアートを通して、家族間のコミュニケーションを増やしてみてはいかがでしょうか。

夢くらふと協会 HP
気軽にtwitterのフォロー
簡単1日で資格取得バルーンアート認定資格
キッズ バルーンアーティスト 子ども資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ