仲良し家族の秘訣はバルーンアートでコミュニケーション


バルーンアートで子供と意思の疎通

家族で会話のキャッチボール

 

家族とずっと仲良くしていくためには、やはりコミュニケーションを取ることが大事です。

「そりゃあそうでしょう」と感じるかもしれません。

ですが「コミュニケーションをしている姿」と聞いてパッと頭に思い浮かぶのが、職場や学校だったりはしないでしょうか。

そうです。やはり、一人では生きていけない世の中、コミュニケーションは重要です。

案外「家庭におけるコミュニケーション」というものは見落とされがちなんですよね。

さて、家庭におけるコミュニケーションというのは、子供がいるのであれば、もはや教育の一部であると言えます。

もちろん、小学校や幼稚園・保育園などでもコミュニケーションについて考えたり実践したりする機会は与えられることでしょう。

ですが、それでもさすがに「コミュニケーション・あいさつという文化が全然ない子供」に対して教育をすることは、学校や保育園側も想定していないはずです。

ですから、コミュニケーションやあいさつなどに関する最低限の教育を幼少のうちからしておきたいものです。

そして、それができるのが「家庭」なのです。

「コミュニケーション教育」における選択肢の一つとしていただきたいのが、バルーンアートをおすすめします。

「家族一緒にハンドメイドをする」という風船工作の事です。

まあ「意識的に家族内で多く話すようにすれば何とかなるんじゃない……」と思うかもしれませんが、それもなかなか困難なもの。

親、子、祖父母、それぞれ生活リズムが違うかもしれませんしね。

ですから、もっと具体的な「遊び」バルーンアートを通して、家族間のコミュニケーションを増やしてみてはいかがでしょうか。

夢くらふと協会 HP
気軽にtwitterのフォロー
簡単1日で資格取得バルーンアート認定資格
キッズバルーンアーティスト 子ども資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ