幼稚園児との会話や創造力を豊かにするバルーンアート遊び


子供たちの笑顔は生きる原動力

園児の発想力や理解力などを育てる

保育士さんが、やりがいを感じる瞬間は多くの場面であります。

入園した当初は人見知りが激しくて、泣いてばかりいた子やお友だちとうまくコミュニケーションがとれない園児などさまざま。

今では自分から声をかけて、一緒に遊んでいる姿を見たとき、保育士さんは子どもの成長を感じて嬉しく思います。

ぜひ、園内の行事にバルーンアートの披露を検討してみてくださいね。

何よりも、子供たちには危ない道具がなので、手軽で安全なバルーンアートは、保育士さんや幼稚園教諭にピッタリなんです。

子供たちは、きっと保育園に通うのが楽しくなるでしょう~

インスピレーションや考える力など多くの経験を通して、イメージを膨らませることで創造力、発想力が広がります。

みんなで一緒に園内で、バルーンアートでワイワイと盛り上がることができるでしょう。

さらに、飾り付け以外に謝恩会などの集まりで、みんなに簡単なバルーンアートを教えてあげると、コミュニケーションツールになります。

保育園で行事が無事に終わった後、保護者の方から感謝され、子供の心のアルバムに残るいい思い出になることでしょう。

さらに、バルーンアートのリサイクルをとうして、モノの大切さを実践しeco活動に協力もお願いします。

「バルーンアート」にはちょっとしたスキルが求められます。

バルーンが破裂しないように素早く形を作るには、基礎をきちんと習得する必要があります。

「子供に役立つ資格」を取得することで、子供との学びの機会が広がります。

たった1日6時間で初心者からでも、確実に資格を取得することができます。

もちろん、保育士として働きながらでも、バルーンアートは問題なく資格を取得することができますので、積極的に資格取得を目指してみてください♪

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

楽しくとれるバルーンアートの子ども資格

バルーンアート資格難易度 簡単レベル


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ