十五夜お月さんのバルーンアートは明るい雰囲気になる暮らしのエッセンス


バルーンアートお月見うさぎ

育児中も夢中になれる何かに挑戦したい!

 

ママも「子育てしながら」や「子育てがひと段落したら」など、ご自身のタイミングに合わせて将来のことを考えてみるのも楽しいかもしれませんね。

バルーンアートは家族同士でコミュニケーションできるので、子どもが社交的になりいい機会になります。

さらに、バルーンアートを続ける事で手先を動かすため、脳の運動野という部分が使わます。

この運動野は、小さいうちから訓練を重ねる事で、より発達する事が分かってきました。

手先を動かすバルーンアートは、立体認識能力の向上と運動野という脳の部分の発育に非常に効果のあるのです。

そして、親が興味を持つことができれば、子どもの向上心にもつながります。

実際に、バルーンアートに興味を持ってくれている子供ほど、上達が早いように感じられます。

また、その親自身がチャレンジすることを、子供と一緒にバルーンアートを行うのも効果的だと思います。

加えて、親子で一緒にバルーンアートの成功体験は生きる源になります。

そして、バルーンアートを作るアーティストだけでなく、ギフトとしてプレゼントをした相手にも喜びや癒しを与えます。

そういう気持ちを抱くことができたという自体、一生ものの財産ではないかと思います。

バルーンアーティストは、風船で表現をするプロです。

プロになればパフォーマンスをするだけでなく、バルーンに興味のある人達の前に立ち、ノウハウやイロハを教えるなどのイベント企画をすることも出来るのです。

子供の資格キッズ バルーンアーティストの子供たちも、どんどん素晴らしいバルーンアートを作ってくれます!

児童でも学校のみんながびっくりするような、パフォーマンスを身に着けることができます。

家族で素敵なイベントにバルーンアーティストとして出演もできます。

またバルーンアートを学ぶのは自身のスキルアップはもちろん、家族のためにも役立つ資格なのです。

 

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

子供が取れるバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ