バルーンアートが育児の大事なコミュニケーションツールになる


イヤイヤは子どもの第1次反抗期のはじまり

思いどうりにならない育児ママはイライラ

 

「子供がどれくらい成長したときの育児が一番大変だったか?」

と聞かれると「自我が出てきたくらいですかね」と答える方が多いです。

まずは、自我がほぼ出ていないときのことを考えてみましょう。

寝かし付ける、泣き止ませる、母乳を飲ませる……etcetc。

しなくてはいけない事は色々ありますし、もしかしたら寝る暇もないくらいかもしれません。

ですが、この頃の赤ちゃんは、基本的にミルクを飲む、おむつ交換、寝るの繰り返しです。

そういった観点で見れば、楽な部分もあるのかもしれませんよね。

しかし、自我が出てくると育児の難易度は一気に上がります。

乳児期とは違って「することさえしていれば何とかなる」とは言えません。

まず、「個性」や「性格」と言ったものが形成され始めますから、それに沿ったしつけをしていく必要があります。

そして、やんちゃになってきて悪さをしたのであれば、きちんと叱らなければなりません。

お子さんの自我が発達してくる頃から「本当にこういう教育で良いのかな」などの悩みは絶えなくなる事でしょう。

さて、そういった悩みを抱えている方に試してみて頂きたいのが「バルーンアート」です。お子さんと一緒に楽しんでみてください。

まず、バルーンアートには、お子さんのメンタル面を安定させる効果があるとされています。

また、コミュニケーションの道具にもなりますよね。

そして、育児において忘れてはならないのは「両親のストレスケア」です。

子育てを頑張り過ぎて、親の方が潰れてしまってはいけません。

しかし、バルーンアートを楽しんでいれば適度にストレスを解消できますから、実は親のためのものでもあると言えるんです!

バルーンアート出演依頼 お問合せ

出張バルーン教室 講師派遣

出張バルーンショー 出演

【バルーンアート教室】
東京都 新橋 有楽町 神田 田町 秋葉原 品川 御徒町 浜松町上野 大崎 鶯谷 五反田 日暮里 目黒 西日暮里 恵比寿 田端 渋谷 駒込 原宿 巣鴨 代々木 大塚 新宿 新大久保 高田馬場 目白 池袋 練馬 西武新宿 埼玉県 所沢 狭山 入間 川越


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ