バルーンアートが育児の大事なコミュニケーションツールになる


「子供がどれくらい成長したときの育児が一番大変だったか?」
と聞かれると「自我が出てきたくらいですかね」と答える方が多いです。

まずは、自我がほぼ出ていないときのことを考えてみましょう。

寝かし付ける、泣き止ませる、母乳を飲ませる……etcetc。

しなくてはいけない事は色々ありますし、もしかしたら寝る暇もないくらいかもしれません。

ですが、このタイミングのお子さんは、基本的に何でも言うことを聞いてくれます。

そういった観点で見れば、楽な部分もあるのかもしれませんよね。

しかし、自我が出てくると育児の難易度は一気に上がります。

乳児期とは違って「することさえしていれば何とかなる」とは言えません。

まず、「個性」や「性格」と言ったものが形成され始めますから、それに沿ったしつけをしていく必要があります。

そして、やんちゃになってきて悪さをしたのであれば、きちんと叱らなければなりません。

お子さんの自我が発達してくる頃から「本当にこういう教育で良いのかな」などの悩みは絶えなくなる事でしょう。

さて、そういった悩みを抱えている方に試してみて頂きたいのが「バルーンアート」です。お子さんと一緒に楽しんでみてください。

まず、バルーンアートには、お子さんのメンタル面を安定させる効果があるとされています。

また、コミュニケーションの道具にもなりますよね。

そして、育児において忘れてはならないのは「両親のストレスケア」です。

子育てを頑張り過ぎて、親の方が潰れてしまってはいけません。

しかし、バルーンアートを楽しんでいれば適度にストレスを解消できますから、実は親のためのものでもあると言えるんです!


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ