あどけなかった子供のイヤイヤ反抗期は成長過程


子どものイヤイヤ反抗期の対応策

2歳の自我の発達と共にエスカレート

 

結婚して生活スタイルも変わります。

さらに「子供が産まれて人生観が激変した」と語る親御さんは大勢います。

それほど大事な存在である「子供」ですから、惜しみなく愛情を注ぎながら育てていくわけですね。

しかし、視点を変えれば子供の存在は「親が子供に育てられている」という部分もあると思います。

家族が増えたのですから、養うためにさらに仕事に打ち込むようになるかもしれません。

また、自分たちの娯楽費を減らして、貯金に励むことにもなるでしょう。

また「この子が真似しても良いように」と、自分たちの日々の様々な振る舞いを見直す方も多いのではないでしょうか。

そして「子供ながらの純粋さ」などに、直接学ばされることもあるかもしれませんね。

ですが、ほとんどの子供はいずれ「反抗期」を迎えます。(迎えた方が将来のことを考えると良いという話もありますね)

両親としてはショックかもしれませんが、ここであまり落ち込んではいけません。

ましてや、両親の方から子供との会話を諦めてしまうのは厳禁です。

お子さんのプライバシーなどデリケートな事に配慮しつつ、あとは普通に接していれば良いです。

そして、時には叱ることも大事です。

さて、反抗期を迎えた子供とのコミュニケーションを確保するための方法として有効なものの一つにバルーンアート「モノづくり」があります。

なぜなら、バルーンアートはシンプルに楽しいからです。

最初はやっぱり反抗して「一緒にやりたくない」と言い出すかもしれませんが、それならそれでまずは、両親二人だけでモノづくりをしてみてください。

すると、自然にバルーンアートが楽しくなってしまう事でしょう♪

そんな姿を見たお子さんはきっと、「僕も一緒に……」と言ってくれるはずですよ。

バルーンアート出演依頼 お問合せ

出張バルーン教室 講師派遣

出張バルーンショー 出演

【バルーンアート教室】
東京都 新橋 有楽町 神田 田町 秋葉原 品川 御徒町 浜松町上野 大崎 鶯谷 五反田 日暮里 目黒 西日暮里 恵比寿 田端 渋谷 駒込 原宿 巣鴨 代々木 大塚 新宿 新大久保 高田馬場 目白 池袋 練馬 西武新宿 埼玉県 所沢 狭山 入間 川越


こちらも合わせてお読みください

2014年11月05日 バルーンアート作品

木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

全米5部門1位の洋書に掲載

動画でバルーンアート資格取得

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

トッピングラボ掲載・提携

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

日本郵政 年賀状のCM出演


このページのTOPへ