バルーンアートで子どもの承認欲求を満たす声がけ


子どももコミュニケーションスキルが必要

お子様の情操教育にもバルーンアートが役立つ

 

私達が普段教えているバルーンアート。

「出来た!」という気持ちをどのように伸ばしていけばいいのか。

バルーンアートを題材にしてお話したいと思います。

■「出来た!」で育つ子どもたち

「ママ、ひとりでバルーンアートが出来たよ!」お子さんがそう言って駆け寄ってきたら、「よく出来たね」「すごいね」「上手だね」とまずは褒めてあげて下さいね。

誰にでも作れるような簡単な作品でもお子様にとっては自信作なのです。

日常生活の中で「あの子は携帯ゲームが上手なんだよ」と子どもたちの間で話題になるかも知れません。

それは一時的なもので、周囲の大人はゲームの上手な子どもをどう評価するかというと「ゲームばかりしている子」とそんな冷めた印象で大人は見てしまうことでしょう。

それでは子どもを認めた事にはならないのです。

小さな子どもにも承認欲求はあります。

承認欲求とは【自分を認めて欲しい】と思うことです。

バルーンアート作品を完成させたことを褒めることが認めることに繋がります。

その子ども自身の人格を認めることになります。

家族みんなでバルーンアート

家族で同じ時間を共有し作品を作ることで、家族間の会話が自然と弾み、コミュニケーションが活発になればそんな嬉しいことはないですね。

ママ、パパ、小さいお子さんだけではありません。

お兄ちゃん、お姉ちゃん、おじいちゃん、おばあちゃん、甥っ子や姪っ子も…

皆で一緒にバルーンアーティストを目指しませんか?

子どものやる気を新しい目標に向かわせることが出来て初めて、良い循環が生まれます。

夢くらふと協会では、小さなお子さんでもバルーンアーティストになれる講座を受講していただくことができます。

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

おすすめ簡単で女性に役立つバルーンアート資格

三歳から子ども資格取得 孫と一緒にバルーンアート

資格難易度は簡単 初心者向けバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ