風船バレーは気軽にできるリクリエーションやリハビリ方法


リハビリの一貫として“風船が使用される”ことをご存知ですか?

風船を使ったゲームは、小さな子どもさんからお年寄りまで、
自然に身体を動かすことができるのが最大の魅力です。

老若男女・年齢も問わず行えるバルーンは、
高齢者・障がい者の方にも最適なリハビリのひとつと言えます。

風船を打ち返すことで達成感が簡単に得られるため、
運動することがプラスに働き、心も前向きになれます。

またカラフルな風船たちは明るい気分してくれると言われています。

今回は手軽にできる風船を使ったリハビリ方法についてご紹介しましょう。

介護施設や老人ホームでは、レクリエーション運動として取り入れています。
風船はコストパフォーマンスが高く、入手しやすいのもメリットですね。

 

【大人気!風船バレー】

集団で風船を使ったバレーボール、コートや円陣パスを行います。

円になりパスやコートを使用してネット越しにボールを打ち合うスポーツで、
学生時代に楽しんだ経験を持つ人も多く、人気の高いレクリエーションです。

夢中になって風船を飛ばせることで、障害者と健常者が一緒に楽しむことができます。

風船バレーは「ゆるやかな落下」と「色」がポイント!

ゆるやかな速度で落下する風船は、素早い動きができない高齢者でもゆっくりと追いかけられます。

風船バレーはリハビリをしていることを意識せずに、幸福感や満足感を感じて運動することができます。

レクリエーションという行為そのものが、脳の活性化になります!

会話をすることで日ごろのストレスも発散もできます。

高齢者の方に多いのが、他人との接触が少なくなって家に引きこもりがちになると
老人性うつや認知症になりやすいです。

また、一人暮らしの為安否確認ができないなど解消できます。

デイサービスに参加して、体調の管理や生活で何か問題が起こっていないかなど相談もできます。

日々の外出の積み重ねが、認知症予防につながります。

 


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ