親子や孫とのスキンシップ一緒に遊び楽しむバルーンアート


あえて子どもの自立のため離れ離れになる親子たち

最近は「子供が大きくなれば実家を離れて独り立ちさせる」という家庭が増えているようです。

子供が何人かいたとしても、その全員が家を旅立つという家庭も少なくありませんよね。

実際、若い世代の方にとってはこのような流れを当然のように感じているかもしれませんが、ちょっと前までは「長男は家に残って両親の面倒を見る」という家庭が主流だったんですよね。

それなりの年齢のお子さんがいる方であれば、ピンとくる話なのではないでしょうか。

言ってみれば「育ててくれた恩を返す」という事ではあるのですが、近頃はむしろ親の方から「子供に大変な思いはさせられない」と考えて、独り立ちさせるパターンも珍しくないそうです。

子供が実家にいるまでの日々の中で全力で愛情を注ぐ。

涙を隠しながら、我が子の旅立ちを見守る。

たまに帰ってくる子供と団らん。

これも一種の親子愛の形なのではないでしょうか。

そして、みなさんの子供が成人してからも良好な関係を築くためには、小さいうちからお子さんときちんと会話をしておく必要があります。

そのための手段の一種として「バルーンアート」というものがあります。

親子で寄り添って、何かを作るという事ですね。

そうすれば、作っている最中に親子の会話が盛んになることでしょう。

また、旅立ちの日が近づいているのであれば、親子でお揃いのバルーンアートなどを作って、ずっと大事に記念撮影して持っておくというのも良いですね。

数年ぶりに家に帰ってきて。

「あのときのバルーンアート写真まだ持ってるよ」なんて言って、見せてくれたら嬉しいですよね。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ