バルーンアートは女の子がきっと喜ぶイベント企画


「空間作り」にバルーンアートが役立ちます

 

バルーンアートは空間作りに役立つものですが「バルーンアートなら何でもいい」というわけではありません。

まずは、どのような場面でバルーンアートを活用したいのかを整理してみましょう。

展示イベントで利用したいのか、結婚式などを盛り上げたいのか。

また、部屋の広さはどうなのか。

野外なのか、部屋の中なのか。

など、シーンによってマッチするバルーンアートは異なります。

また、コストとしては、バルーン費だけに留まらず、バルーンの印刷費、ヘリウムガス費なども用意する必要があるので覚えておきましょう。

バルーンさえ用意すればいいというわけではないのです。

そして、バルーンのサイズ次第では自力での設置が難しくなりますから、場合によっては設置まで代行してくれる大きな業者を選択する必要があります。

また、バルーンを買い取る形式が良いのか、イベント中だけ借りておいて後で返す形式が良いのかなども考えておくようにしましょう。

これらをご自身で判断し切れない場合は、まずは相談してみることをおすすめします。

では実際に、バルーンアートにはどんな事前準備が必要なのでしょうか。

バルーンアート体験教室に必要なのは、好きな色合いのバルーンと空気ポンプですが……。

荷物が軽いならそれほど苦にならないけど、参加者の人数が多いと大変なこともあるのです。

会場まで距離が遠くても、出張バルーンアートを取り入れれば、催事やイベント会場へ持っていく荷物も少なく準備に手間取ることもありません。

夢くらふと協会のバルーンアートの出張依頼なら適切なアドバイスもできます。

児童向けイベント出張バルーンアート教室

初心者向け1日でバルーンアート資格取得・東京 新宿

子供が取れる資格 キッズバルーンアート


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ