バルーンアート月ウサギとススキ 十五夜の過ごし方


中秋の名月と十五夜の楽しみ方

バルーン旅行

月のウサギ伝説

満月の夜に月を見ていると心が和みますね。

何気なく夜空を眺めると、ふと思い浮かぶのが「月うさぎ」

月で餅付きをしている、白い月うさぎです。

キラキラと輝く月の中のうさぎの様子を、みなさんには肉眼で把握できるでしょうか?

知人と月を眺める時、こんなやり取りが交わされています。

「月うさぎって一匹それとも二匹?」

「えっ、私は一匹だと思えるけど」

「そもそも、白い部分はうさぎに見えない」

「あの黒い点の所が……」

「うさぎではなく、キツネだと思う」

あなたはでしたら、何と答えるでしょう?

案外と知らない月うさぎ伝説について!

月うさぎの神話にも諸説ありますがご紹介しましょう。

昔、あるところに兎と狐、猿がおりました。

ある日、老人に出会い、動物3匹は老人の為にに食べ物を探し集めます。

猿は木の実をとり、狐は魚を取ってきましたが、うさぎは出来る限り頑張っても、何も食糧を持ってくるのが出来ませんでした。

そのため悩んだうさぎは、「私を食べてください」といって、火の中に飛び込み、自らの身を捧げたというわけです。

実を言うと、その老人とは、動物3匹の行いを試した帝釈天(タイシャクテン)と言われる神様です。

帝釈天は、そのようなうさぎを哀れみ、月の中によみがえらせて、みなさんの手本にしたというわけです。

それは、仏教説話からきているストーリーです。

毎日、気忙しい仕事の中でたまには、夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。

バルーンアート教室とイベント

●バルーンアート出演依頼はお問い合わせください。

出張バルーンアート教室 講師派遣

出張バルーンアートショー 出演

出張バルーンアート体験

【バルーンアート教室】
東京都 新宿区 渋谷区 港区 目黒区 世田谷区 千代田区 品川区 北区 中央区 文京区 板橋区 足立区 豊島区 中野区 杉並区 練馬区 清瀬市 東久留米市 西東京市 東村山市 小平市 埼玉県 さいたま市 所沢市 入間市 狭山市 川越市


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ