バルーンアートでハッピーハロウィン 東京の大学病院


バルーンアートの南瓜とキャンディー

大学病院のゼミでバルーンアート

 

今回、都内の大学病院のゼミでバルーンアートをやりました。

病棟や病院のイベントなどでバルーンアートをするなど、将来看護師になる学生たちのスキルのひとつになればと思います。

ハロウィンコスプレと菓子とは

子供たちは、ハロウィンの時に仮装をして街を歩きます。

海外では子供たちは近所の家に向かい、「トリック・オア・トリート」と住民に声を掛けます。

大人たちは「トリック・オア・トリート」と子供から言われたら「ハッピーハロウィン!」と答えます。

それから、大人は子供へお菓子を渡すのがハロウィンのルールです。

もし、大人が子供にお菓子をあげなかったら、いたずらされてしまうかもしれません。

お菓子は悪霊を追い払う意味があります。

日本のハロウィンは、家を訪ねる習慣はありませんね。

ハロウィンのかぼちゃやジャック・オー・ランタンとは?

ハロウィンのシンボルは、かぼちゃのランタンです。

ランタンは「ジャック・オー・ランタン」という名前です。

ジャックはアイルランドの物語に登場する男の名前です。

ジャックは生前、悪いことばかりしていました。

そのため、悪霊がジャックの魂を奪おうとします。

ですが、ジャックは悪霊を騙します。

そのため、ジャックは地獄に行けず、死んだ後にランタンとなって闇夜を歩き続けたという話です。

初めはカブだったそうですが、アメリカにハロウィンが伝わってかぼちゃになりました。

「ジャック・オー・ランタン」は日本に例えると「鬼火」です。

かぼちゃは、怖い顔にして部屋の窓辺に飾ります。

このかぼちゃは、魔除けの役割をします。

ハロウィンの伝統的なゲーム「アップルボビング」とは?

アメリカのハロウィンパーティーは、余興として「アップルボビング」という伝統的なゲームを行います。

大きい盥に水を入れて林檎を浮かべます。

この遊びは、手を使わずに口で林檎を取るゲームです。

ハロウィンは林檎の収穫時期と重なっているので、このゲームが誕生しました。

ゲームのルールは2つあります。

1つ目は、1つの林檎を口で取るまでの時間を競います。

2つ目は、時間内に取れた林檎の数を競います。

あなたも、ハロウィンの時はこのゲームをすると、もっとパーティーが盛り上がるかも!

 

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

キッズ向け子どもバルーンアート資格

資格難易度は簡単 バルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

出張バルーンアート依頼

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

全米5部門1位の洋書に掲載

動画でバルーンアート資格取得

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ掲載・提携

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

コラム Latte掲載

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

エニタイムズ掲載


このページのTOPへ