我が子とのバルーンアートはかけがえのない記憶に残ります


時代の流れ、親も子どもも自活していく生産財から消費財へ

一昔前までは「子供は生産財である」という考え方が主流だったそうです。

これは「子供が成長したら、今度は逆に両親が世話をしてもらえるようになる」という社会構造をしていたからです。

実際、「嫁入り→将来的に夫の両親の世話もする」という流れが当然だったんですよね。

それが、現在では「将来、子どもに頼ることはできないだろう」と考える方が増えてきているようです。

子供への負担や、社会福祉が一定以上に進歩していることなどを考慮すると、「子供に面倒はかけられない」と考える人が増えるのも自然な流れなのかもしれませんね。

・子供が消費財になってきています

ある種、見返りを求めるような生産財的な考え方から、「育児そのものが楽しい」「子供と共に過ごすだけで幸福だ」という消費財的な考え方に、社会全体が変わってきていると言われています。

そして、子どもが成長したら、親の元から巣立っていき自立する。

その後ももちろん家族ではあるものの、親も子供も独立して生活していく。

「冷たい」という捉え方もあるのかもしれませんが、これもまた「愛情」の一種なのではないかと思います。

・その日までは一緒に楽しもう

ですから、お子さんが巣立つまでは惜しみなく愛情を注ぎ、コミュニケーションを取りましょう。

そのために役立つのが、一例としてモノづくりです。

一緒に何かを作ることで、会話が賑わいますし、それが思い出にもなるはずです。

特にお子さんが実家などから旅立つ前に、最後に何かを共にバルーンアートなど作っておくと、その完成品や写真がかけがえのない思い出になることでしょう。

もちろん「お父さんとお母さんと一緒に作った」「我が子と一緒に作った」という「バルーンアートの記憶」も思い出ですよね。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ