幸福がいつまでも続くようにと願いバルーンアートのクリスマスリースを飾る


のほほんクマとクリスマスリース

イエス・キリストの降誕を記念する日

 

街ではキラキラ輝く星がライトアップされた、クリスマスツリーを見かけますね。

クリスマスは家族と過ごし、子どもとクリスマスケーキを食べます。

また、恋人とディナーやプレゼントして過ごす方も多いのではないでしょうか。

日本では宗教的なものではなく、イベントとしてや恒例行事といった感じです。

最近ではクリスマスに「ひとりぼっち」で過ごすことを「クリぼっち」と言われています。

友達とパーティー、家族や恋人と過ごすイメージですが、年末で仕事に追われる方も多いと思います。

クリスマスに一人で自由に自分の時間を持つことは、贅沢な過ごし方だと思います。

ホームパーティーでは、クリスマスケーキにサンタクロースの形のロウソクを灯すこともあります。

海外ではケーキに、ろうそくの火を灯すことはないらしいですね。

国内では一般的に25日のクリスマス当日ではなく、24日イブの晩にケーキを食べられることも多いです。

お部屋にバルーンアートのクリスマスリース飾って、華やかにしてみませんか。

国内では、キリスト教の文化が伝わって、クリスマスの時期にリースが壁などに飾られるようになったという説があります。

はじめも終わりもなく「生命や幸福がいつまでも続くように」という願いが込められています。

リースの輪には、「終わりのない」「永遠」という意味があります。

クリスマスリースの「リース」とは英語で「wreath」と書き花輪、花かんむり、輪の物を意味します。

抗菌効果のある常緑樹を玄関などのドアに飾ることで、魔よけにしたり豊作祈願でエントランスに飾っています。

またクリスマスのリースがグリーンなのは「農作物の繁栄」を願う言い伝えがあります。

 

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

子供が取れるキッズのバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

出張バルーンアート依頼

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

ツイッターで最新情報を購読

登録商標・実用新案登録

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

全米5部門1位の洋書に掲載

人気動画1位 soeasy

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ掲載・提携

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

コラム Latte掲載

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

エニタイムズ掲載


このページのTOPへ