塾やスクールにかける子供の習い事の平均費用とは


最近の子供の習い事にかかる平均費用はどのくらいなのでしょう?

少子化が進んでいるため子供1人あたりにかけられるお金が多くなっているといわれますが、習い事の費用は、毎月コンスタントに引かれていくため、やはり家計にとっては厳しいものがあります。

1人っ子や兄弟が多い家では状況が違ってきますが、だいたい1人1か月あたり5000円から1万5000円ぐらいを目安にしている家が多いようです。

発表会があるピアノやバレエなどは、月謝とは別に発表会の参加費用やチケット代、衣装代等が必要になることが多く費用がかさむということです。

また、幼児教室や英会話スクールなどの勉強系の習い事は、学年が上がるたびに教材を購入しなければいけないケースがほとんどです。

バルーンアートは空気ポンプと風船(風船は1本約10円)の安くてお手軽な習い事です。

バルーンアートで楽しんで作ったあとは、リサイクルもできます。

風船の廃材は、実用的なカラフルゴムに再利用できて無駄がありません。

考えながら作っていき、創造力や発想力を豊かにするアートです。

子供の知育としてもおすすめ、バルーンアートを学んでみませんか!

夢くらふと協会 バルーンアート HP

Facebook 夢くらふと協会

バルーンアート認定資格講座

キッズバルーンアーティスト認定資格

【バルーンアート教室】

東京都 新宿区 渋谷区 港区 目黒区 世田谷区 千代田区 品川区 北区 中央区 文京区 板橋区 足立区 豊島区 中野区 杉並区 練馬区 清瀬市 東久留米市 西東京市 東村山市 小平市 埼玉県 さいたま市 所沢市 入間市 狭山市 川越市 神奈川県 横浜市


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ