バルーンアート資格講座の介護施設職員の感想


昨日は、大変お世話になりました。

とても楽しく学ぶ事ができました。

クリスマスパーティーを職場と我が家でやるので、ぜひ、バルーンアートを取り入れようとおもいます。

介護施設で働く職員の方からコメントいただきました。

ありがとうございました。

体の不自由な方が多い介護施設では、頻繁に外に出ることもできません。

その為、施設の中で過ごすことが多くなるのではないでしょうか。

利用者様が日常生活に退屈することなく、施設での生活を楽しめるように、スタッフは日々レクレーションを考えたりします。

祭りやイベントを企画したりして、変化をつけていると思います。

朝はラジオ体操をしたり、簡単なストレッチをし、午後は折り紙やしりとりなど簡単なゲームを行ったり。

たまには地域のボランティアさんを呼んだり、専門の業者さんを呼んだりすることもあるでしょう。

介護施設では丸い風船を使用する風船バレーで、腕をあげ「ポーンポーン」と打ち上げする軽めの運動をします。

しかしそのレクレーションの企画もパターン化してしまって、同じような内容になってしまいますよね。

バルーンアートはレクリエーションとしても最適です。

色とりどりのバルーンを見ることにより、視覚に対する刺激もあり、指先をたくさん使うので身体機能の維持などにも期待ができます。

そしてバルーンアートはお年寄りでも簡単に作れるものもたくさんあります。

施設内で一緒に楽しめるバルーンアート体験をおこない、自分で作った作品を見るのはとてもうれしいですよね。

実際に施設の利用者様が作ることができなくても、施設の中をバルーンアートで飾るなどして装飾を施せば、見た目も大きく変わり楽しむことができます。

ホールの入口をアーチ状のバルーンアートにしたり、可愛い動物や花などの植物を作ってみてもいいですね。

利用者様のお誕生日会やクリスマスのイベントなどにバルーンアートで施設を装飾すれば、一気に華やかな世界を作り上げることができます。

そして、職員の方々が技術を習得するためのバルーンアート講座も毎月開催してます。

次回の講座日程は、2020/1月 25日(土) 2月22日(土) 3月21日(土)

バルーンのリサイクル夢くらふと協会HP

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

子供が取れるキッズのバルーンアート資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

出張バルーンアート依頼

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

ツイッターで最新情報を購読

登録商標・実用新案登録

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

全米5部門1位の洋書に掲載

人気動画1位 soeasy

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ掲載・提携

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

コラム Latte掲載

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

エニタイムズ掲載


このページのTOPへ