バルーンアート創作を通して「親子で絆を深めよう」


創作は身近な風船材料を使って工夫しよう

バルーンアート遊びを学びに!

 

【風船遊びから学ぼう】

働くママも気持ちが楽に!かんたん遊びで「時短テクニック」

コストパフォーマンスが最高な風船は、とってもエコな遊び道具です。

子どもって、成長とともに知恵がつくと、物欲も大きくなるもの!

乳児期の子どもは、かわいいキャラクターのおもちゃなど、親が与えたもので満足してくれていました。

しかし、子どものリクエストに応じて、おままごとセットなどの場所をとるモノばかり買っていると、大型のおもちゃが増える一方。

子どもは、その時に流行っている、ゲームやおもちゃを好みますよね。

つまり、トレンドが変わるごとに新しいおもちゃを欲しがるのです。

おもちゃをたくさん買い与えることで、子どもにとっては「おもちゃ天国」が完成しても、親にとっては「おもちゃ地獄」になってしまう、というのもよく聞く話。

バルーンアートなら、電気を一切使わず、また今までありそうでなかった子どもでも作れる遊具です。

オリジナル思考のアートな創作は、家族で遊ぶ「親子コミュニケーション遊具」

お年寄りの方々にとって、風船は懐かしい遊具でもあるもの。

地域の公民館では、年配の方向けにバルーンは定番のレクリエーションです。

風船バレーの遊びはルールがあるから面白いものであり、また知らず知らずのうちに知恵や身体機能が向上するのも嬉しいポイント。

「面白い」「楽しい」だけの遊びの中からさまざまなことを覚え、学ぶ、そんなアート作りを目指しています。

風船は、ふんわり優しい遊びの思い出の定番であり、記憶のどこかに必ず留まる遊具。

子どもが大きくなっても、「懐かしい」「楽しかった」と親子のコミュニケーションの思い出として残っていられるような遊びの場所づくりを、風船を通して提供できればと思っています。

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

子供が取れるキッズのバルーンアート資格

バルーンのエコ工作:夢くらふと資格講座 


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ