浮き輪ペンギンのバルーンアートで気分だけでも涼しく


暑い日は涼しげに青いペンギン

お子さんとコミュニケーションを取るための手段として役立つ!!

長い風船の「モノづくり」バルーンアートはいかがでしょうか。

お子さんが好んでやっているテレビゲームなどを一緒にするというのもアリですが...。

やっぱり顔を突き合わせて行うモノづくりの方が、コミュニケーションの機会は多いです。

そして、子どもは風船好きでバルーンアートの楽しさを知っているのです!

お子さんの成長が生き甲斐の両親

子どもが生まれ家族が増える喜び

 
「人生観が変わったタイミングはありますか?」と問われたとき!

「我が子が誕生したとき」と回答する方は、とってもたくさんいるようです。

そして、そんなお子さんを両親は愛情こめて育てるわけです。

ですが、「お子さんが両親を育てている」という側面もあるのではないでしょうか。

お子さんが産まれれば「この子のお手本にならなきゃ」と、両親は自分の言動を正すようになります。

もっと具体的な行動としては、お子さんのために今まで以上に頑張って働くようになったり、貯蓄を頑張り始めたりするのではないでしょうか。

あとは「我が子は○○ができているのに、大人になったせいでできなくなった……」なんてことも見つかるかもしれませんよね。

しかし、大抵のお子さんに「反抗期」が訪れます。

(反抗期があった方がいいなんて説もありますね)

「あんなに懐いていた我が子が...」と、両親は嘆くかもしれませんが...。

ここでコミュニケーションを断絶してしまうような事だけは避けたいですね。

そんな時「バルーンアートをやってみてください~」

お子さんが「なんでバルーンアート!こんなこと……」といっても

意外にも両親と一緒にバルーンアートをするかもしれません。

あまりベタベタするのも良くないですが、お子さんが本当に親事を嫌いになってしまったわけではないから、変に遠慮する必要はありません。

愛情をこめて育てる「子どもはかけがえのない宝物」

初心者おすすめ簡単バルーンアート資格

子供が取れるキッズのバルーンアート資格

バルーンのエコ工作:夢くらふと資格講座 


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ