あなたもバルーンアートで喜びがある素敵なお仕事をしてみませんか


バルーンアートで子供のハートをキャッチ

イベントで人気&注目を集めています

 

「バルーンアート」とは、読んで字の如く、バルーン(風船)を活かしたお手軽なアートのこと。

「バルーンアート」長いバルーンとミニポンプひとつあれば、いつでもどこでも製作できるのが、素晴らしいところ。

「子供に人気のバルーン」を製作することができる、バルーンアーティストは重宝されるイメージがあります。

風船のスペシャリストといえる、バルーンアーティストの働き場所は多くあります。

そのような中でも、子供に関わる営業先があるのが特徴ではないでしょうか。

幼稚園や小学校など子供対象に、バルーンアートする機会は数多くあります。

仕事をするには、資格取得も有利になり必要となってきます。

まずはバルーンアートの知識を取得しなければなりません。

バルーンアーティストになれる講座といっても、何日も費やす必要はありません。

これなら、時間に余裕のない保育士さんでも仕事の合間にサクッと受講できますよね。

とりわけ、新規の人には、 例え分かり易い作品であっても、理解度が人それぞれのため教えるのが容易ではないものです。

というのは確かですが、新規の人にバルーンアートを教えるのは かなり面白味がある仕事です。

手始めに簡単でわかりやすいものしか作れない方が、どんどんレベルを上げ、バルーンアートが段々と上達するのを見ているのは、とっても気持ちのいいものですよ。

受講後は、職場でバルーンアートを教えたり、イベントやパーティーなどで、趣味と実益を兼ねた特技として披露できます。

本業のお仕事以外にも、活動の場を拡大するチャンスです。

バルーンアートで子供達とのリクリエーションは心の交流ができます。

出張バルーンアート夢くらふと協会HP

おすすめ女性に役立つバルーンアート資格

子ども資格キッズむけバルーンアート資格

資格難易度は簡単レベルのバルーンアート


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ