夢をかたちにバルーンアートで未来の可能性にチャレンジ


イメージしながらイマジネーションを養う

お子さんの感性を豊かに育てる

 

幼少期に、知育を重要視して育てられた子供は、小学校や中学校で成績が良くなる傾向にあります。

子供の成長の過程において、知育はかなり重要だと言えます。

ちなみに、バルーンアートのレッスンを受けることで、創造力や発想力に役立てることができますよ。

好奇心が旺盛である、子供の時期をいかに過ごすかが大切です。

何か興味を見つけつことで、集中力を身に付け結果を残しやすい子供になります。

知育の方法と言っても色々なものが思い浮かびますが...

もし「子供の情操教育のために何かやらせたい」と考えているのならバルーンアートのレッスンも検討してみてください。

子どもの情操教育とは

バルーンアートのレッスンでは、インスピレーションを養い、考える楽しみのを与える機会がたくさんあります。

その「考える」という行為は、発想力や理解力など知育の基本とも言えるのです。

例えば、「お手本通りにバルーンアートを完成させる」というレッスンがあります。

一見、ありきたりなレッスンのように思えますが、「バルーンアートを完成させるためにはどうすればいいのか」を子供自身が考えるチャンスが知育に役立ちます。

アイディアを豊かにするには

子供が考えるという行為が、直感やアイディアを豊かにして、幼児期に磨くと潜在能力を引き出すことに役立ちます。

また、「自分でバルーンアートのデザインを考えて、デザイン通りに完成させる」というレッスンもあります。

この場合、バルーンアートのデザインも自分で考えるわけですから、より強度の高い右脳教育に繋げることができるのです。

もちろん、大人になってからバルーンアートを始める方も多くいます。

多くの方は、初心者の段階から習い始めますが、確実に技術は上達してゆきます。

せっかくの機会ですから、子供と一緒にバルーンアートのレッスンを受けてみるのも楽しいものですよ。

親子一緒に資格取得を目指せば、コミニケーションがとれて、親子の絆が深まることは間違いありません。

バルーンアート夢くらふと協会 HP

気軽に夢くらふと協会twitterのフォロー

1日六時間でバルーンアート資格取得

キッズバルーンアーティスト子ども資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ