キレる子どもの原因とケアや親の対処法について


子供とコミュニケーション&メンタルケア

子供の頃の経験や生活習慣が人格に影響する

 

キレる子供を目の当たりにしてどう接する?

「キレる子供」を作らないためにも、子供との時間を大切にして、愛情をしっかりと注ぎましょう。

実際に、「子供との時間を大切にしたいからバルーンアート教室に通う」という親子もいらっしゃいます。

特に、1つの作品を親子で完成させたときは、お子様はとても嬉しそうにしています。

また、親子でバルーンアート資格取得を目指している方もおり、とても充実した毎日を送れているようです。

親子で過ごすということが、子供へ愛情を注ぐ1番の近道となります。

料理・スポーツ・音楽など、子供が興味を持てるものを、積極的に親子で取り組んでみましょう。

もちろん、親子で習い事をすることも、子供とコミュニケーションがとれて愛情に繋がるはずです。

キレる子供が、増えてきています。

怒りを抑えることができずに暴力行為をしてしまったり、物に当たってしまう子供が、ここ最近増えてきているのです。

決して簡単ではない子育て。

子育て自体が初心者で、日々悩んでいる場合には、子供と接するだけで精一杯という人も多いのではないでしょうか?

しかし、「キレる子供」を作らないために留意すべき点は「愛情」です。

この、「愛情」を正しく与えることで、「キレる子供」になることを防ぐことができます。

なぜ「キレる子供」が増えたのか?

教諭はいわく「子供が自分で感情をコントロールできない」

「昔に比べて自分で解決する力が弱いのかなという感じがします。」と話しています。

おそらくは「子供を甘やかしすぎ」

「子供に対するスキンシップ不足」

さらに、子供のキレやすさの原因に自尊心の低さがあることがあります。

自尊心が低いと些細な注意でも否定されたと感じます。

しかも自分に自信がないため反論もできない。

そのためキレるという表現でしか自分の感情を表現できない。

これは、子供だけではなく大人でも同じですね。

実際に、バルーンアートのレッスンを受けに来る子供は、親と仲がよく教育もきちんとされています。

バルーンアートを作ることは、子供の達成感になり自信に繋がります。

やはり、そのような子供は、自制心が高くキレることはありません。

「キレる子供」にさせないための大原則ともいえるほど、子供への愛情は大切なのです。

具体的には、「親から可愛がられた」「親に甘えることができた」という経験を持たせることが大切です。

子供にとって安心できる親でなければ、子供は愛情を感じません。

例えば、赤ちゃんのときは、定期的に抱かかえてあげる。

幼稚園や保育園に入園したら、一緒に1つのことをする時間を作るなど、工夫をして子供との時間を作ってあげましょう。

「幼少期に受けた親からの愛情」が優しい人間へと成長させます。

ただし、子供を甘やかせば良いというものでもないので注意が必要です。

例えば、我慢をすることを知らなければ、嫌な事があったときにキレてしまう可能性があります。

愛情を持って我慢を教えることや子供自身が成功体験をするなど、「キレる子供」にしないためには大切なことです。

バルーンアート夢くらふと協会 HP

気軽にtwitterのフォロー 夢くらふと協会

未経験歓迎1日でバルーンアート資格取得

キッズバルーンアーティスト 子供資格 

【バルーンアート教室】
東京都 新宿 渋谷 目黒 世田谷 千代田 品川 北区 中央 文京 板橋 足立 豊島 中野 杉並 練馬 港区 清瀬 東久留米 西東京 東村山 小平 埼玉県 さいたま市 川口 所沢 入間 狭山 川越 神奈川県 横浜


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ