ゴム風船はいつ生まれてどう進化したの?


風船そのものは、実は数百年以上前からあったと言われています。

風船の誕生当初は、動物の膀胱や腸を風船として使い、そこに空気を入れていたという記録も残っています。

今のゴム風船とは全く異なりますね。

そして、自然ゴムが一般に流通したのは風船の長い歴史と比べると最近のことです。

国内では安政3年(1857年)、イギリス人が風船に空気を入れて販売していたと言われています。

明治・大正の切り替わりの時期には、日本国内でも風船が製造されるようになり、大正に入ると海外輸出も行われるようになりました。

ただ、今のゴム風船と比較すると、その頃は硬さや色合いなどの面で質が低かったそうです。

なぜなら、ガソリンで固体の自然ゴムを溶かして一度液体にして、それを型にはめて風船を製造していたため。

一方、今のゴム風船はそれとは違って、液体のラテックスで製造されていますから、色鮮やかで柔らかさもあるんです。

そんなラテックスが登場したのは昭和の初めの頃。

国内への輸入も行われておりました。

そして、国内でラテックスのゴム風船が作られ始めたのは昭和10年辺りからだったとされています。

<自然物質がゴム風船の原材料です>

ゴムの木から乳状の液体を集め、それを原材料としてゴム風船が作られています。

恐らく大半の方が、写真などで一度はその様子を目にしたことがあるのではないでしょうか。

ちなみに、最初にゴムの木が生えてきたのは南アメリカの熱帯雨林地帯。

今では熱帯地域に分類されるたくさんの国や地帯で、ゴムの木が育てられています。

特に東南アジアで盛んです。

ゴムの木の周りの皮にキズを入れると、そこから樹液がジワジワ溢れてきます。

「ラテックス」は、それをカップに集めて加工し、液体にしたものです。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ