風船と秘密基地子どもの自由な発想力を身につける


子どもは秘密基地が大好き

小さいときって、段ボールや押し入れの中に入るとなぜかワクワクしませんでしたか?

押し入れを自分の部屋代わりにして中にお気に入りの本や人形を並べたり、
親に叱られた時には「出ておいで」と言われるまで引きこもったりしていたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

箱や押し入れの中のような狭い場所は、
子どもにとって生まれる前の母親のお腹の中にいたときの感覚とも通じるのか、
居心地の良い場所であることは私たちも経験して分かっていますよね。

そうした自分を解放できる場所に身を置くことで、
子どもは自由な発想力を身につけることができるでしょう。

子どもが小さいうちは、家の中のちょっとしたスペースを
「秘密基地」と呼んで子ども部屋代わりにしようと思っていました。

秘密基地のアイディア

「子ども部屋」は親がわざわざ用意しなくても、ベッドの下や壁と棚の隙間など、
自分でお気に入りの場所を見つけてそこを専用スペースにしてしまうもの。

大人が思いも寄らない隙間に自分の好きな本をしまっていたり、
友達が遊びに来ればベッドの下にもぐって遊んだりしています。

「空間づくりは、その空間を使う人にとって居心地の良いものにすること」
子どもの空間=「秘密基地」づくりを親子で楽しみましょう。

空間を作る壁や天井の素材やその色、形の組み合わせは無限大。

カラースプレーで色を塗ったり、シールやマスキングテープで
デコレーションしたりして、自分だけのお気に入りの空間を作りましょう。

子ども自身が納得の行く空間を自分の手で作る。

そんなクリエイティブな体験をこれからもご家庭で日常的に励行して、
家族みんなでお家の空間づくりを楽しんでくださいね。


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

動画でバルーンアート資格取得

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

TOPPING LABO掲載

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ