バルーンアート再利用 雨の日に活躍する傘チャーム


傘のワンポイントアクセサリー

 

バルーン旅行

バルーンのレインチャーム

 

今回はハンドメイドの傘チャームです。

ゴムなので、テーブルから滑って落ちやすい傘をキープします。

傘のワンポイント アクセサリーに最適!

「傘チャームって何?」って思う方が多いと思います。

雨の日に役立つ「傘チャーム」は、実はもっと、 注目されていいものなのです。

雨の日、傘の忘れ物が多くなりますよね。

折り畳み傘だって、濡れているうちは、畳めませんしね。

ビニール傘を、傘立てに入れると、どれが自分の傘なのかわからなくなりますね!

うっかり、他人のビニール傘持ってきてちゃったりします。

そんな時に、ひと目でわかる、アンブレラマーカーです。

とにかく、出先で急に晴れると、傘を忘れてきちゃうことありますね。

それから、素敵な傘って、けっこうお値段はります。

すぐ取りに行けるところに忘れたなら、取りに行けばいい話なんですが...。

そうではないところで忘れると、かなり落ち込みます。

盗難防止にも 傘チャームは目印になり便利。

傘チャームは傘の飾りになって、「すぐに、自分のだ」ってわかります。

大人になると、傘に大きく、油性ペンで名前はかけないので、傘チャームが重宝します。

ビニール傘も、アンブレラマーカーになり二度と他人のを持ってくることもないし便利です。

間違って持って行かれた直後でも、傘チャームで、「それ、私のです」と言うことができます。

それから傘立てがない店、あるいは、まだ降ってない場合は、テーブル席まで傘を持ち込みますよね。

そんなとき、テーブルの隅にかけると、ツルンと落ちたり倒れたりします。

でも、傘チャームがあると、ゴムだから滑らないで、傘はちゃんと立ったままなんです。

バルーンアートのリサイクルなので、ビニール傘にも気軽に使えます!

しぼんだり、壊れてしまったバルーンが、こんなに傘に貢献する、便利でエコなアクセサリーです。

〇バルーン再利用あわせてお読みください

吸盤フックとグローブホルダー

シューズバンドとアームバンド

ねじねじワイヤーと針金ハンガー


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ