家族のコミュニケーションは子供の教育と深いつながりがあります


子供とのコミュニケーションとは

家族同士 会話のキャッチボールは大切

 

やっぱりコミュニケーションをしっかりしていないと、家族との良好な関係性を保つことはできませんよね。

と言われれば、みなさん「うんうん、そうだよね」と納得してくださると思いますが、

その「コミュニケーション」って学校や職場限定のものだったりしないでしょうか。

特に職場でのあいさつについては、もはや「仕事の一環」「義務」のように感じている人も少なくないと思います。

さて、家族同士とのコミュニケーションはお子さんの教育と深いつながりがあります。

当然、保育園や学校でもコミュニケーションやマナーについては学べるはずですが、
それって実は「最低限のマナー、会話力」などは家庭で身に付けていることが前提になっているんですよね。

全然あいさつをする習慣がない、家族ともほとんど会話しない、
というような子どもが保育園や学校でコミュニケーションに関する教育を受けたとしても、ちょっと厳しいものがあるんです。

はい、これについても「うんうん、そうだよね」となると思います。

では、コミュニケーション不足は具体的にはどのように解消していくべきなのでしょうか。

具体的な良い方法として「家族みんなでバルーンアートなどのモノづくりをしてみる」というものがあります。

家族同士のコミュニケーションが減ってしまう一つの要因として「タイミングが合わない」というものがありますよね。

お子さんは早く学校に行ってしまう、お父さんは残業でなかなか仕事から帰ってこない……などなど。

だから、「今度の日曜日に家族みんなでバルーンアートを作ろう」などと決めてしまうんです。

まあ、徐々に会話を増やしていけばいいでしょ……と感じているかもしれませんが、それもキッカケがないと案外難しいものですから、
こういった方法でバルーンアートをツールとして試してみてはいかがでしょうか。

夢くらふと協会 HP

Facebook

1日で資格取得バルーンアート認定資格

キッズ バルーンアーティスト子供資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


「バルーンアートで夢と感動を与える、それが私の使命です」

40代から趣味として始めたバルーンアートで才能開花し、講師になりました。

自己流で高度な技術を必要とするバルーンドレスをつくりあげ、

一躍「バルーン界を変えた型破りなバルーンアーティスト」などと呼ばれるように。

また、クラフト作家、発明家の顔ももつ多彩なクリエイターでもあり、
2014年からは自ら「夢くらふと協会」を立ち上げました。

「1日6時間で資格取得バルーンアート認定資格講座」

「親子で一緒にバルーンアーティストになれる認定資格講座」

「キッズバルーンアーティス認定資格講座」

3つの講座を一度に行うのは、業界初です。

また、人材育成のため出張でバルーンアート教室も行っております。

バルーンの廃材を利用したオリジナルのクラフト雑貨

【夢くらふと】登録商標や【組紐製作補助具】実用新案登録で、
アイディアを提供しリサイクル活動の社会貢献もしています。

夢は体験型の「バルーンランド」を会員と協力してつくることです。

子どもから大人まで楽しめるバルーンアートの魅力を、日々発信しています。

ピックアップ

テレビ東京動画

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

アメーバブログ

yjimage

お問合せメール

いpink-love-mail-icon-56731

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

facebook 夢くらふと協会 

登録商標・実用新案登録

読売新聞撮影

15-11-21-23-07-52-948_deco 新

テレビ東京 L4You!に出演

2015-09-04-10-41-33_deco

ラジオ出演 TOKYO FM

全米5部門1位の洋書に掲載

動画でバルーンアート資格取得

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

アフェクション掲載

ほいくらいふ資格掲載

コラム Latte掲載

エニタイムズ掲載

トッピングラボ掲載・提携

12647135_926515300749962_3243975600336038554_n

アントレケースラボ取材

アントレケースラボ-300x225

このページのTOPへ