バルーンアートは右脳のトレーニングと左脳を活性化できます


希望をもってバルーンアート認定資格を受講


性別問わず、子どもから年配の方まで、幅広い層の方々がバルーンアーティストを夢見て日々取り組んでいます‼

バルーンアーティストは国家資格ではありませんが、資格に挑んでいる受講生の方々を見ていると思う事があります。

養成講座には、どちらかというと女性の姿を多く見かけるのです。

バルーンアートは、右脳派の人たちに向いていると言えます。

そして、女性には右脳派の人たちが多い、という統計があります。

その統計を裏付けるのが、バルーンアートの講座で見られます。

これは、正に右脳派の女性が、バルーンアートを学んでいる証拠になります。

バルーンアートは感覚的な作業が多く、論理的に教える事が難しいアートでもあります。

そして日々バルーンアートを教えていると感じることがありますが、その理由を考えてみました。

知られざる右脳のポテンシャルとは


バルーンアートと右脳と左脳の関係って・・・・

と感じることがあります。

そこで、ちょっと調べてみました!

人間の脳には大きく分けて右脳と左脳に分類されます。

右脳と左脳は頭蓋骨の中で、脳梁と呼ばれる橋のようなもので連携し、脳内で情報のやり取りをしています。

そして、右脳と左脳では、それぞれ役割分担が大まかになされています。

一般に右脳は、直感力、音楽力、図形認識力、空間認知力(幾何学、地図を読む力など)に優れていると言われています。

それに対し左脳は、言語、論理的に考える力、計算力、分析力(推論、数学)に優れているとも言われます。

バルーンアートは、立体的な造形を創り出すアート

空間認識力が問われるアートです!

 
一般に子どもが言葉を覚えるのは、男児よりも女児の方が早いとされます。

しかも、成人後も女性の方が「話好き」で「次々と話題が変わり」「話に感情が混ざりやすい」という傾向があります。

女性の「話好き」には理由があって、「右脳と左脳の両方を活性化」させて会話をしているのです。

そのため、事柄を次々と思い出して、会話が脱線したり、話している途中で感情が湧き出て来たりするなど、「話好き」の傾向が見られるそうです。

この「右脳と左脳の両方を活性化」が出来る女性は、バルーンアーティストに向いているのです。

空間認識力の右脳と話す時に左脳を同時に使う、バルーンアートを習う価値があります。

毎月、バルーンアーティストを育成するために講座を開講しています。

そこには、女性、男性関わらずたくさんの人が熱心に講座を受講しています。

「あなたも、アートに挑戦してみませんか?」

バルーンアート夢くらふと協会 HP

簡単1日でバルーンアート資格取得

キッズバルーンアーティスト 子供資格


こちらも合わせてお読みください


木島 町子


一般社団法人夢くらふと協会®代表理事木島町子。

40代でバルーンアートを趣味として始めました。

バルーンアートを再利用したエコ工作「夢くらふと」を発案してクラフト作家。

さらに発明家として才能開花したクリエイターです。

2014年「夢くらふと協会」を設立、子どもから大人まで「1日で資格取得できる講座」出張バルーンアートサービスのご提供いたします。

当協会ではバルーンのエコリサイクルの普及活動も行っています。

メディア出演はテレビ、CM、ラジオ、新聞取材、書籍、雑誌掲載など多数。

書籍出版『発明家が教えるバルーンアート活用法』

オリジナルのクラフト雑貨【夢くらふと】商標登録。

【組紐製作補助具】実用新案登録。

ピックアップ

アメーバブログ

yjimage

Facebookで最新情報を購読

ツイッターで最新情報を購読

インスタグラムで最新情報を購読

書籍 発明家が教えるバルーン

商標登録・実用新案登録

福利厚生倶楽部リロクラブ提携

 

トッピングラボ提携

日本郵政 年賀状のCM出演

読売新聞撮影

TOKYO FM ラジオ出演

テレビ東京 L4You!に出演

全米5部門1位の洋書に掲載


このページのTOPへ